【女子力高!】骨盤底筋を鍛える膣トレーニングはこんなにいい事いっぱい。

女子力アップ

膣トレ(膣トレーニング)とは?

若さを保ち続けていたい、綺麗なスタイルになりたいことは、女性の誰しもが願うことです。

様々な美容誌やオシャレアプリを通して、日々綺麗なスタイルをキープする方法や、アンチエイジング効果のある方法、またグッズが紹介されています。これらの対策の中でも人気があるのが、確実に効果が出るという方法そして、時間と手間をかけずに続けられる方法です。

この2つの条件を満たした最適なエクササイズ方法が、「膣トレ」といっても良いかもしれませんね。

WEBや美容雑誌でもたくさん紹介されている膣トレとは、膣トレーニングの略称です。トレーニングという名称がついているので、しっかり運動しないといけないようにも思えますが、膣トレは、時間と手間をかけることなく続けられて、女性に嬉しい効果を、しっかりと実感できる自分磨きなのです。

膣トレーニングで得られる効果とは?

膣トレ=骨盤底筋を鍛えることを行うと、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

膣トレを続けることで期待される効果は‥、

⭐ 尿漏れ対策
⭐ スタイルアップ効果
⭐ 頻尿
⭐ 便秘
⭐ 便漏れ
⭐ 感度がアップ
⭐ パートナー(彼氏)に喜んでもらえる
⭐ 女性らしさをしっかり保てる効果

などなど‥がまず挙げられます。

尿漏れ対策

年齢を重ねた世代にとっての悩みと思われがちな尿漏れですが、実は30代から40代の女性にとっても約3割の方が経験されている症状なのです。尿漏れが起こりやすいのが、くしゃみをしたときや笑っているとき。原因とされているのが、骨盤底筋の緩みです。

膣トレで骨盤底筋を鍛えることで、尿漏れの症状が軽減できるという点が各方面で紹介されています。

スタイルアップ効果

骨盤底筋は、下腹部に存在する器官を支える働きを持っています。骨盤底筋が緩むと、下腹部の器官が下垂してしまい下腹がポッコリと目立ちやすくなってしまいます。さらに内臓の位置が下がって、下腹部や下半身が太りやすくなります。

膣トレを継続することで、日常生活を送りながら下腹部を引き締めるという事を意識するようになります。そして、骨盤底筋の筋力を高めることで太りにくい下半身作りにも役に立ちます。

骨盤底筋を正しい位置に戻すと、女性ホルモンの分泌が整いやすくなります。女性ホルモンの分泌と合わせて、血液循環やリンパの流れがよくなり、子宮や卵巣の環境が整いやすくなります。

女性らしさをアップする効果!



骨盤底筋を鍛える効果は、生理痛の痛みを軽減させることも、もたらしてくれます。骨盤底筋を締めることで、正しい姿勢が保ちやすくなります。これは、便秘の症状を改善したりむくみ予防効果に繋がります。

また、なかなかオープンにできない悩みが、デリケートゾーンに関する悩みです。果たして自分はパートナーに気持ちいいと思ってもらえる、体をしているのか…と、いうことに関しては、シェアできにくい悩みでもあります。

骨盤底筋を鍛えて膣トレをすると、膣の締まりがよくなってパートナーとのスキンシップで満足のいく心地よさを分かち合うことが可能です。
膣トレには、グッズを使う方法やケーゲル体操という簡単なエクササイズ方法があります。ご自身のやりやすい方法をきちんと続けることで、外見だけでなく内面からも、女性らしさを整えてくれるのが、膣トレがもたらしてくれる効果なのです!

骨盤底筋や膣が緩むと‥?

膣が緩みがちになると、子宮の位置が通常よりも下がりやすくなります。さらに症状が悪化すると子宮脱という症状に罹りやすくなってしまい、治療を要する事態にもなる場合があります。
膣トレを行うことで、子宮の位置が下がるのを防ぐことが可能なのです。

下半身に存在する骨盤底筋をしっかり鍛えるエクササイズです。骨盤底筋を鍛えると、下半身を意識しながら生活を送ることを心掛けるようになります。意識することで、良い姿勢を保てられるようになります。

骨盤底筋を鍛えると、子宮を含めた下半身に存在する臓器の下垂防止にも繋がって下腹部がポッコリとした状態を解消できます。さらに骨盤底筋を正常な位置に戻せるので、ホルモン分泌が正常に行われやすくなり、血行が促進され生理痛の改善効果も上がります。

また、骨盤底筋の位置を戻すと内臓脂肪の増加を抑えられるので、お腹周りのスタイルアップ効果が期待できます。

骨盤底筋 鍛えたい!膣締まりを良くして魅力もアップ?

膣圧アップのトレーニングを、最近では膣トレと言うようなんです。膣圧は言葉のとおり膣の締りの強さ、Hの時に感度が上がったり、パートナーとのスキンシップにも関係してきますよね。

このトレーニングを行う事で、実際に下腹部の血行促進、血流が増加すると濡れやすくなったり、感度があがったり女性へも良い影響を与えます。また続ける事で出産後や加齢によって弱まった骨盤底筋を鍛える事ができて、尿漏れなどのトラブルや、子宮下垂や子宮脱などを予防する事が出来るのです。

お腹周りのエクササイズになって、内臓が正しい位置に戻って下腹はへこんでスタイルも良くなりますね。おまけに女性の辛い整理痛の改善にもつながっていくんですよ。

骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操とは?

理想的なボディラインづくりだけでなく、産後や加齢に伴って目立ってくる、女性の体の悩みを軽減させる効果が高いエクササイズが、げーゲル体操です。

ケーゲル運動(膣トレ)でによってアソコの締りだけではなくて、スタイルまで良くなっちゃうかも。また血流が良くなり、生理痛も改善されたという女性もいるんだとか。

膣圧トレーニングも、通勤途中や普段の生活の中でも簡単に出来る事が多いので、是非試してほしいですね。

膣の締まり具合を高める膣圧(ちつあつ)に着目した、女性の体作りの効果の高さは、インターネットだけではなく、テレビでも特集が組まれるようになるほど注目が詰まっています♪骨盤底筋をトレーニングすることで、膣圧を高め、アソコの締まりは良くなり、他にも嬉しい効果が得られることは知っているでしょうか?

「膣の締まりをよくする」と聞くと、性的な悩み解消のためだけ?との印象も強くなりがちかもしれませんね。

確かに膣内の締まりをよくすると、パートナーとの営みがさらに濃密度を増し、絆がさらに深まります。しかし骨盤底筋を鍛える得られる効果は、性的な問題を軽減できるだけではありません。膣の締まりを良くすることでもたらされるのは、女性の体に関する悩みを軽減させる効果です。

ケーゲル体操の仕方

管理人
簡単にできる膣トレの仕方を数種類、コツと一緒にご紹介します。

すぐできる膣トレの方法として、普段の生活を送りながらできるエクササイズと、お風呂で行う方法の2種類をご紹介いたします。

膣トレのやり方として紹介されている方法は

⭐ 1.膣を意識して締める
⭐ 2.膣を締めた状態をしばらくキープする
⭐ 3.力を抜いてリラックスする

という順序で行う方法です。この3つの動きを無理のない範囲で続けるのが、骨盤底筋を鍛える膣トレの方法です。

骨盤底筋を鍛える方法と言うと、スクワットや「お尻の穴を引き締めるような感じで力を入れて息を止めて5秒キープ」。その後にゆっくり息を吐きながら緩める事を繰り返す方法を聞きますよね。

この骨盤底筋を鍛える方法を「ケーゲル体操」といい、立っても、仰向けでも、座っても出来るのです。いずれも肩幅ほどに足を開いて、肛門から膣を5秒締めて緩め手を繰り返し5回を一セットで3~10回を繰り返します。

効果がでるまでに数ヶ月を要すると思いますが、継続が諦めずに続けてみましょう。ポイントはお腹に力を入れるのではなく、「肛門と膣に力を入れて引き上げる感じ」ですよ。

‥とはいっても難しいのが、自分自身の骨盤底筋の位置がわからないという点です。

専門医師によると骨盤底筋の位置を知る方法は、排尿の途中であえて尿を止めた時に力が入る部分だといわれています。
実際に膣を締めたつもりでも「本当に膣が閉まっているのかよくわからない」という場合には、肛門を締めることがおすすめされています。

肛門を締めると、同時に膣や尿道も締まるからです。

椅子に座ってする方法

椅子に座って背筋を伸ばし、坐骨を垂直に立てるような感じでオヘソの下辺りに意識を集中します。

肩幅ほどに足を開いて肛門をキュッと閉める用量で、アソコを締め上げて5秒キープ、息を吐きながら力を抜く事を繰り返し行うだけ。なんとなく感覚がわからない場合は股の間にクッションやバスタオルなどを挟んで行うとコツがつかめるかもしれませんね。

ケーゲル体操や膣トレーニング方法もいくつか紹介されているので参考にしてみて。

お風呂で行うのも効果的!

膣トレは、寝た状態だけでなく座った状態や立っている状態、またバスタイムでも行える方法です。骨盤底筋エクササイズのなかでも、ケーゲル体操というエクササイズはたくさんの媒体で紹介されています。

骨盤底筋を鍛える膣トレには、お風呂で行うのも効果的です。お風呂に入っているときは、全身の血行が上昇します。普段は冷えやすい指先や足先までしっかり温められますね。この時、女性の体内の子宮や骨盤の血行も上昇した状態にを保てます。

体を温めた状態で骨盤底筋を鍛えると、骨盤や女性器に良い効果をもたらしてくれます。また入浴中の膣トレは、LCインナーボールなどの道具を使うことが可能です。

膣内に挿入するタイプの膣トレグッズなどは、清潔な状態の下で使用するものです。入浴中には、体を綺麗に洗浄した状態でグッズを使用した膣トレを行えます。

入浴中やスキマ時間で手軽に続けられる膣トレを続けると、女性らしい体をしっかりと保つ効果が増大します。

アソコの締りって大事なこと?計測する方法があるの?

普段から気になるような事ではないのですが、自分のアソコのしまりがどうなのかなんて本人はわかりませんよね。だけどある時、彼氏に「アソコがゆるい」とか「締りが悪い」なんて傷つく事を言われちゃったら悲しくなりますよね‥。

アソコの締りなんて他人と比べられるものでもないですし、トレーニングの方法なんてわからない!なんて女性も沢山いるのではないでしょうか。

実は膣圧って専門クリニックで計ることが出来るらしい。だけどいくら専門医と言っても、膣圧を計りたいなんて、なかなか相談出来ませんよね💦

専門医ではなくても実は自分でも計る事が出来ます。過去には締りが良い💓なんて言われたことがある女性でも、鍛えていなければ膣圧も出産や加齢などで膣の筋力が衰えてくるものなのです。

年齢を重ねると膣圧だけではなく、尿漏れなどの悩みを持っている方もいると思います。
筋力の衰えはトレーニングしだいで改善できるので一度トレーニングを試しては如何でしょうか。



CHECKLCインナーボール

膣が緩んでいないかチェック!

膣が緩んでいないかどうかをチェックするには、実際にクリニックなどで計らなくても目安になる項目があるので確認してみて下さい。

⭐ 出産経験があるか
⭐ お腹がポッコリ出ていたり、お腹周りだけ太かったりしないか
⭐ 尿漏れがある・おしっこを途中で止められない
⭐ お風呂から出ると膣からお湯が出てくる
⭐ セックス中に空気が入って音がでる・コンドームが外れそうになる
⭐ 生理中にタンポンを挿入していても血液がもれる事がある

など 心当たりがある場合は早速、膣トレを始めてみたほうが良いかも!?

オススメこちらもチェック!↓

ケーゲル体操の他にも簡単にできる膣トレグッズなども通信販売サイトで取り扱っています。トレーニンググッズも並行して使ってみては如何でしょうか。

また骨盤サポートも「骨盤底筋」を鍛えるのに効果的だとか。最近ではショーツタイプの骨盤サポートを使っても、ダイエット効果が見られると言われていたりもするので一石二兆かも!。

まとめ



CHECKLCインナーボール

膣圧を鍛えるには、一番に骨盤底筋群を鍛える事。骨盤底筋群とは膀胱や尿道、子宮などを支えている筋肉で骨盤底筋が弱まると、尿道や膣圧が弱まると言われるのでこの部分を一番に鍛えたいもの。筋力を鍛えるには姿勢が重要にもなってくるんです。

キレイな立ち姿を意識する事、また座っている時も姿勢正しく、インナーマッスルを鍛え背中をスッとキレイに保つように意識していきましょう。

他にもスクワットやヨガ、呼吸法など充実したセックスライフを送る為に、近年では「膣トレ」という言葉を意識している女性もかなり多いというリサーチ結果がでているほどなんです。

女性として健康の為、元気でキレイにいるためと思って是非試してみて下さいね。

管理人
骨盤底筋をトレーニングすると良いことだらけかも!?簡単なのでぜひ始めてみて下さいね。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事