私たちだけ?セックスレスに悩んでいる‥原因や解消法を知りたい!

女子力アップ

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

そういえばセックスしてない‥レス夫婦の原因と対処法を知りたい!

夫婦間にまつわる問題には、たくさんの事例があります。たくさんの事柄の中でも、とりわけ注目が高い問題のひとつが性に関する問題です。
日本人は海外の方に比べると、性的なアプローチがあまり得意ではないという人が、とても多いのだそうです。オープンなアプローチが得意な海外の方に比べると、日本では奥ゆかしい事が良いものとされている風潮もあります。

しかし、最近では夫婦間を取り巻く深刻な問題のひとつとして「セックスレス夫婦」という問題が表面化しているのです。

日本性科学会によると、セックスレスというのは「特別な事情(病気やけが)等ではないのに、性行為が1か月以上ない」夫婦間や、恋人同士の状態のことを指します。いったい旦那様とのセックスレスは、どのような原因によって起こるのでしょうか?

夫婦間のセックスレスが起きる原因とは?

セックスレスを引き起こす原因として、まず挙げられるのが多忙であるということです。仕事や家事に追われて、なかなかゆっくりできる時間がとれない状態であること。性的なアプローチを受けても、疲労を回復する時間に充てたいという理由で、なかなか性行為に及べないという夫婦が、増加しています。

またお互いに、ゆっくりできる時間が共有できないという点も、その理由として挙げられることが多いようです。

恥ずかしさや気まずさを抑えてアプローチをしても、相手に断られると気分が滅入るから、あえて自分から誘わないということも、レス夫婦の関係に陥る理由として挙げられます。断られたりアプローチに応じてもらえないと、その場の雰囲気が気まずくなってしまいます。またアプローチが過ぎると「相手に軽蔑されるかもしれない」という気持ちが先行して、自分からなかなか言い出せないというのがその理由です。

この二つの気持ちが強くなってくると、お互いの気持ちにすれ違いが生じてしまいます。

最悪の場合、相手に興味すら持てなくなったり、ほかの相手に目移りするという浮気に走ってしまう、最悪のケースでは離婚ということにも、つながってしまいます。

妊娠や出産から‥?セックスレス夫婦になる割合も高い

妊娠や出産も、セックスレスに繋がる問題のひとつに挙げられます。妊娠中や産後の女性は、ホルモンバランスの乱れから、身体に支障をきたしやすい状態です。

新婚であったり、さらには慣れない育児や不規則な生活が続き、気持ちに余裕が持てないという状態が続きます。そんな状況の女性に対して、男性側が以前と変わらずアプローチをしても、なかなか答えられずにすれ違いが起きてしまいます。

相手の妊娠中や産後の間に、性欲が溜まっている状態になりやすい男性の中には、この期間に他の相手に目移りしてしまい、浮気に走るという割合も少なからずあるようです。このような問題を解決するのに大切なのは、「相手と納得がいくまで話し合う」という事。

夫婦間 ゆっくり相手の目を見て話ししてますか?セックスレスの夫婦問題は、重大なことなので慎重にとらえられがち。。。
そんな方も多いようですが、軽い気持ちと相手への心遣いで話をすると、意外と問題はクリアして夫婦生活が円満になったという事例も、たくさんあるようです。

必要以上にかしこまったり、相手を攻めるようなことはせず、相手とゆっくり目を見て話合うことが大切なんです。もし、事が深刻な場合には、専門の外来を夫婦で受診するという解決策もあります。

お互いの気持ちを素直にさらけ出すことが、セックスレスなどの問題を解決する方法。夫婦生活を円満に送るためにはとても大切なことなのです。

セックスレスのカップル問題 辛い思いをしているのは私だけ?

夫婦間だけではない カップルのセックスレス問題。夜の営みがないレスに関する問題といえば、夫婦にまつわる深刻な問題であるという印象が強いです。

しかし最近では、夫婦間だけではなく、交際中のカップルの間でもセックスがない、セックスレスカップルという問題が、深刻化しているようです。
日本家族計画協会という団体がとった統計によると、未婚者既婚者を含めて自らがセックスレスであると回答した割合は49.3%なのだそうです。

回答した約半数の人が、自らが頻度が少ない、もしくは全くないセックスレスの状態であると思っているということがわかります。日本家族計画協会が統計を取り始めた2002年以降、セックスレス状態にあると回答する割合は増加傾向にあり、10年前から換算すると約12.7ポイント増加しているという統計があります。

統計から判るのは、セックスレスという問題は、結婚の有無に関わらずおこる問題であるということです。好きなのに‥辛い思いをしているのは、決してあなただけではないということですね。

交際中でも起こるセックスレスカップルの原因

既婚のカップルに起こるセックスレス問題の原因として、多忙によるすれ違いや、仕事や妊娠と出産などから起こる疲労などが挙げられます。

交際中に起こってしまう、彼氏彼女間のセックスレスの原因には、どのようなことが挙げられるのでしょうか?

3年目以降のカップルに多い!?

交際中のカップルで最もセックスレスの状態が起こり始めやすいといわれているのが、交際期間が三年目に入ったころだといわれています。それまで何もかもが新鮮で楽しかった時期から、一転して新鮮味に薄れることが目につきやすくなるのが交際三年目以降なのだそうです。

心境の変化が起こってしまうと、スキンシップはもちろん会話することすら煩わしくなったり、それまで全く気にならなかった、相手の欠点部分が気になりやすくなり、不満が募っていつ衝突が起きてもおかしくない状況になります。

交際期間が長いとセックスレスになりやすい理由とは?

交際期間が長いということも、SEXレスに陥りやすい原因のひとつです。付き合いだしてが長くなると、お互いのことを「空気のような存在」と思ってしまうのだそうです。
出会ったばかりのころや、交際したての時期に感じることが多かった新鮮味が薄れ、交際中というよりもお互いが存在していて、当たり前の家族のような存在になってしまいます。

このような状態になると、思ったことをはっきり口に出さなくても、意思疎通ができていると思いがちです。意思を明確にしなくなると、相手に対して「一体何を考えているのかわからない」という心境になってしまいセックスレスが起こりやすくなります。

また、行為に及んでいる最中でも、決まりきった流れをただこなしている‥という心境になり、行為自体がつまらなくなるという場合もあるのだそうです。パートナーとの行為に新鮮味が薄れると、違う相手との行為自体に興味が湧いてしまい浮気などの行動を起こすようになります。

彼氏とのセックスレスが辛い…解消するには?

交際期間や同棲期間が長くなると、一緒に住んでいても忙しいことで疲労を溜めたくないと、睡眠を優先しがちになってしまいがち。性行為自体に興味が薄れてしまうということにもなるのだそうです。

このような辛いマンネリ状態を打破するためには、常日頃から意思表示を明確にしておくことが大切です。合わせて大切な相手の話に耳を傾けることも必要です。夫婦間のセックスレス状態を解消もそうですが、カップルのセックスレスを改善するために推奨されていることのひとつが、しっかりと話をすることだといわれています。

常にお互いが自分の気持ちを相手に伝えること。これを心掛けるだけでなく実践することで、相手に対する不満が軽減されて、夫婦生活が円満になるというのがその根拠です。

結婚前の交際期間中であっても、お互いの気持ちを理解しようとする心がけが大切です。常に自分の気持ちを偽りなく、素直に話ができるという状況を保てば、セックスレス問題は軽減されるのではないでしょうか。

Hしたくない‥ パートナー男性側の気持ちとは?改善策はあるの?

「したくない」男性側の気持ちとは?解決策はあるのでしょうか?夫婦間にまつわる悩みの中でも社会問題化しているのが、セックスレスに関する問題です。

情報サイト日経DUAL(http://dual.nikkei.co.jp/)が2015年に共働き夫婦に行ったアンケート調査によると、自らがセックスレス夫婦であると回答した割合が31.2%どちらかといえばセックスレス夫婦であると回答した割合が26.8%に上っています。

アンケート調査を行った夫婦の約半数が、セックスレス状態にあるということがわかります。病気などの特別な理由もないのに約1か月以上レス状態が続くと、セックスレス状態であるという風に定義づけられています。

自らのパートナーとの営みを行いたいかという気持ちはあるか質問に対して「ある」と回答した男性の割合は81.6%と高い回答率ですが、「自分たちはセックスレス夫婦か」という質問に対して「そうである」と回答した男性は全体の36.8%にあたります。

これは、同じ質問に「そうである」と回答した女性の割合29.8%という数値よりも高いのです。

男性が自分を拒む場合の理由・原因とは?

女性が相手の欲求を拒む理由として挙げられるのが、出産や育児による疲れ、相手に対して魅力を感じないという理由が挙げられます。女性よりも欲求が高い男性が行為に踏み切れずに拒む理由には、どのような原因があるのでしょうか?

女性が営みを拒む理由として挙げられている疲れは、男性側が拒む理由としても挙げられています。男性が日常生活に占める仕事の割合は、量だけでなく質も高いものです。一日の大半を仕事に費やして疲れている状態では、なかなかその気になれないというのがその原因のひとつです。

また疲れていても欲求が高まり相手に求めたとしても拒まれた際、疲れと落ち込み具合が重なってしまうのを避けたいということも考えられます。セックスレス状態になる男性側の理由として特徴的なのが「相手に性的な魅力を感じなくなった」という点です。

結婚後、日常生活を優先するがあまり以前より女性らしさを高めるなどの自分自身にかける時間が少なったため、魅力が薄れてしまったという意見や、「女性、妻であるということよりも母親であるという意識が強くなった」という意見もあるようです。

さらに相手との欲求の度合いに差があり、男性側の欲求がなかなか満たされないということもその理由として挙がっています。この状態が続いて、パートナー以外の相手を求めがちになるということもあるのだそうです。

女性がHを拒む場合の理由・原因とは?

結婚後にセックスレスになりやすいのが、出産後です。出産後の女性は、育児メインの生活で日夜問わず忙しく過ごしています。心身ともに疲労がピークに達している状態で求められても、そのような状況ではないと断られるという事例が多いです。

女性側から拒まれ続けた男性側の性的欲求はたまる一方で、パートナー以外の方との性交渉に興味を持ったり、実際に行動に移してしまうということもあるのだそうです。

出産後にも性交渉をしなくなりやすい原因とは?

出産後の女性の体内は、妊娠中の状態から産前の状態に戻るために、ホルモンの分泌が劇的に変化している状態です。女性らしさを高めるエストロゲンよりも、母乳の分泌を促進させるプロラクチンやオキシトシンの分泌量が多くなります。

プロラクチンとオキシトシンは、性交渉中にも分泌が促進されるホルモンなのです。なので母乳育児中の女性の身体は、分泌されているホルモンの違いで常に性的欲求が満たされている状況が続いているのだそうです。

このような状態の変化は、男性側には情報として伝わっていないというのが現状です。男性側も、女性の体内で起こっている変化を把握しておくことが大切なのだということがわかります。

改善方法は?

外見だけでなく内面の女性らしさを携えることも大事です。男性側の主張を踏まえたうえで女性側に求められることは、できるだけ話をすることと外見だけでなく、内面的にも女性らしさを常に携えておくことが大切なのではないでしょうか?

あまり考えすぎず心の奥底に留めておくだけでも、少しでも印象が変わるきっかけに繋がります。また、女性側も不満を心に押しとどめるのではなく相手に気持ちを考えた範囲で想いを伝えるということも、セックスレス問題は解決の方向に向かうといわれています。

女性側にも不満や悩みを抱えていることと同様に、男性側も悩みを抱えているものなのです。

それぞれの悩みを解決の方向に導くために大切なのは、パートナーのちょっとした心遣いではないでしょうか。

セックスレスの解消方法とは?成功例知りたい!

1か月以上性交渉がない場合に、セックスレス状態であると定義づけられています。しかし、このような状態から脱却して、元の関係に戻ったというカップルも少なくありません。

セックスレス問題に関しては、問題が起こった原因と合わせて、やはりどのような方法で解決したのかというのも気になりますよね。その具体的な事例にも注目が集まっています。

インターネットの質問サイトにも「どのような方法で解決したか教えてください」といった質問が多く寄せられているようです。しかし、このような類の悩みにつきものなのが悩んでいる側に対して、配慮がなされていないような回答が多いということ。

真剣に悩んでいるのに、という想いを持っていると逆に気分を害するということもよくあるのだそうです。

こちらもチェック

セックスレスの具体的な解決策について




PRアソコの締まりが気になる‥?最高に気持ちいい名器の作り方。

忙しいからという理由で、セックスレス状態が続いているという事例もよく耳にします。忙しい状態というのは心に余裕がない状態です。少しでも心に余裕を持っておくと、相手のことを気遣う気持ちが増してきます。

しかしセックスレス状態を早く解消するために無理やり時間を取ったり解決策を講じようとすると、逆に相手側は心を閉ざしてしまうということもあります。

あまり前のめりにならず「ほんの少しだけゆとりを持つ」ということを心掛けることが、重要なのです。心の変化と合わせて外見の変化ということも、セックスレス問題の解決策として取り上げられています。
外見に変化を加えるとかインテリアに工夫を凝らすという方法などありますが、これもやり過ぎると逆効果をもたらしてしまいます。

哺乳類は、異性を惹きつけるために香りを出して相手を誘うといわれています。これはフェロモンの語源ともなっています。本能を呼び覚ますという意味でも、アロマやお香を使って性的欲求を高めるという方法が人気を集めています。

ラベンダー、イランイラン、ネロリなどには女性の魅力を高める効果があるといわれています。産後レス、すれ違いレスなどそれそれの原因に即した対策法を取って徐々に解決の方向に向かうようにすることが大切なのではないでしょうか。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事