女性なのに太いヒゲ?薄毛?男性化する理由とは

女子力アップ

女性の男性化って一体どういうこと?

頭髪が薄くなってきた、髭が濃いなど、このような悩みは男性にとっての悩みなのでしょうか。女性にとっての悩みとしてはおかしいなんて思っている方もいるかも知れませんね。
おそらく大半の方が、男性が抱える悩みなんじゃないの?と、お思いになられているあなたはまだまだ安心していいかも。

しかし最近このような、女性の男性化の悩みを持つ女性が増えてきているのだそうです。
例えばご存知の通り、女性の顔にも産毛はあります。女性の産毛は男性ほど頻繁には行わないまでも、手持ちの産毛用シェーバーや、美容室などで顔剃りを行う程度のお手入れで済みます。が!‥顔の髭に悩んでいる女性に生えてくるのは、男性の顔に生えてくるくらいの濃さの髭が生えてくるのです。

女性の顔のヒゲも気になるところですが、薄毛の悩みは結構深刻なようですね(ヒゲもですが)。
そもそも男性と女性の体質の違いとは、どのようなものなのでしょうか?

男性と女性の薄毛のメカニズムの違いとは?

男性の薄毛といえば、額の部分が広くなるとか頭頂部から抜け始めるというのが特徴です。対して女性の薄毛は、頭のどの部分からも起きやすいということから、悩んでいる方にとっては本当に深刻なものですよね。女性の濃い髭と薄毛の原因は、男性ホルモンの影響によるものが大きいです。

女性なのに男性ホルモンが原因?と考えてしまいますよね。実は、女性の子宮と副腎で男性ホルモンの一種であるテストステロンが分泌されているのです。

テストステロンは、女性の体内で筋力の維持、女性の体内の骨を強化することを補助する、体内のエネルギーの増加、性衝動の維持、幸福感を感じる元となるドーパミンを出す作用といった働きを行っています。ところがホルモンバランスが乱れてしまい、女性ホルモンの分泌量が減少傾向をたどっていくと、それまで潜んでいた男性ホルモンの活動が表面化することで、濃い髭が生えたり、髪の毛が抜けるといった男性が抱える悩みに直面してしまうのです。

男性化してしまう理由・原因とは?

こうしたホルモンバランスの乱れの原因は、ストレス、睡眠不足、偏った食生活、喫煙などが挙げられます。これは女性ホルモンの乱れの原因と共通していますよね。仕事、育児、家事など様々なことを抱えていく中で悩みというものはつきものです。

それはどこかで発散させないことには、ストレスは体内に溜まって、女性の男性化を引き起こしてしまいます。年齢を重ねてくると、女性ホルモンの分泌は減少の一途をたどっていきます。加齢という防ぎようがない事実に直面しつつも、ホルモンの分泌量の低下は防ぎたいものです。

不規則な生活が続くと、きちんとした食事をとる時間や十分に睡眠をとる時間は削られてしまいます。

女性の男性化を防ぐ方法とは?

まず何より大切なのは、規則正しい生活を送ることに尽きます。お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはあるでしょうか?22時から深夜2時までの間は、睡眠を促すメラトニンというホルモンが最も活発に分泌される時間帯です。

この時間になるべく睡眠をとると、よく眠ることができ女性ホルモンの分泌にも良い効果をもたらしてくれるのだそうです。

食生活においてとても大切なのは、イソフラボンの摂取です。イソフラボンといえば、女性にとってうれしい効果がたくさん含まれた栄養素であることはとても有名ですね。さらにイソフラボンには育毛効果もあり、薄毛や抜け毛に悩んでいる男性の方々が積極的に摂取しているのだそうです。

女性の男性化を防ぐためには、女性ホルモンの分泌を正常にするための対策を行うことで、ある程度の歯止めがかかるのではないでしょうか?

イソフラボンで老化現象に歯止め?!

イソフラボン摂取は老化現象に歯止めがかけられる?!

全ての人が、確実に迎える老いや老化というもの。避けることはできないものの、老いの進行をできるだけ遅くさせるために、人は様々な老化防止対策を取っています。人が歳をとって老いが起こる仕組みには、たくさんの要因があります。

老化の原因としてよく挙げられるのが、活性酸素です。活性酸素が老化の原因の一つと言われています。

体内に摂取された酸素は赤血球によって細胞に運ばれて、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させます。この時に消費された、酸素の約2パーセントが活性酸素となります。活性酸素自体にも、体内に侵入した細菌を撃退するという効果があり欠かすことのできない成分なのですが、過剰に増加してしまうと老化を速めてしまう原因となってしまうのです。

このほかにも、ホルモンバランスの乱れや不規則な生活を送り続けたり、偏った栄養を摂ることも老化を速める原因です。

イソフラボンといえば、女性ホルモンの一種のエストロゲンに似た働きを持つ成分です。
美肌効果やバストアップ効果など、女性にとってうれしい効果を持つことでも知られるイソフラボンですが、老化防止効果が高いことをご存知でしたか?

イソフラボンを摂取している女性の方々にとっては、アンチエイジング効果が高いということで、よくご存じのことでしょう。

ところがイソフラボンの老化防止効果は、女性だけではなく男性にも優れた効果を発揮するのです。

イソフラボンが加齢臭にも効果的?!

老化現象といえば、加齢臭、骨粗鬆症、薄毛、白髪などが挙げられます。体内の脂肪酸が酸化するときに発生するノネナールは、加齢臭の原因といわれています。どちらかといえば加齢臭は男性が持つ悩みのイメージがありますが、加齢に伴って女性も加齢臭は発生します。

イソフラボンは、脂肪酸の酸化を防ぐ働きを持っています。つまり、イソフラボンを摂取すると、体内でノネナールの発生を抑えることができるということになります。

骨の老化も防止?!

骨粗しょう症予防にも効果的と言われています。骨粗鬆症は、骨のカルシウム不足が原因で起こる病気だということはとても有名です。

だからといって、カルシウムが豊富な食材を積極的に摂取するだけでは不足を補うことはできません。
体内のカルシウムの吸収不足を補うビタミンDと合わせて摂取することが、大切だといわれています。

ところがビタミンDの同時摂取を行うだけでも、十分だとは言えないのです。カルシウム不足とは、骨からカルシウムが流出することによって引き起こされてしまいます。

カルシウムが骨内から流出してしまう原因は、ホルモンバランスの乱れです。特に女性ホルモン不足が、骨密度を減らす要因だといわれています。

女性に骨粗鬆症が多いといわれているのも、この理由だとうなずけます。エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを積極的に摂取することで、骨からの老化を防ぐことができるのです。

まとめ

イソフラボンがたっぷり摂れる大豆食品は、女性の男性化や老化防止にも効果が期待できる救世主かもしれませんね。

あなたも「豆乳を飲んだら髪がつやつやになった!」「豆乳を飲み続けると白髪が減ったような気がする」という話を聞いたことがあるのでは?これらの作用も、イソフラボンと深い関わりがあるのです。男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの一種テストステロンだと言われています。

エストロゲンには、プロゲステロンの分泌を抑制する働きがあります。ですので、薄毛対策にエストロゲンと同様の作用を持つ効果があるということに繋がるのです。さらにイソフラボンには、メラニン色素を増やす働きがあります。これらを合わせると、薄毛と白髪対策には欠かせない作用が、豊富に含まれていることになります。

規則正しい生活を送りながら、イソフラボンを含む大豆食品を積極的に摂ることで、誰にでもやってくる老化現象や、体質の悩み対策も対策しましょう。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事