アソコがゆるい原因とは?パートナーにもっと喜ばれたい!

女子力アップ

アソコの締り ゆるさや性の悩みについて

彼氏や旦那にゆるいと言われた。どうして?大丈夫なの‥?パートナーとのお付き合いを続けるうえで、尽きない悩みというものは、数多く存在しています。

身だしなみやメイク、ヘアスタイルなど容姿に関する悩みや快適な心遣いや言葉遣いを続けていくための方法などと合わせて、性に関する悩みというものも存在します。近年では人に言えない「性のコンプレックス」で悩む女性が増えているそうです。なかなかオープンに話せることではないので、人知れず心の奥底に隠さざるを得ないという点もある様です。

会話などと同様に相手との距離感を測る上で、とても大切なのが性にまつわることなのですが、悩みを共有することがなかなか難しい話題のひとつでもあります。

最近では雑誌の特集やネットの掲示板などでも、このようなアソコの締まりの悩みに関する解決法なども、目にすることができます。また中には普段はさほど悩んではいなくても、ふとした時にこのような話題に触れ、「自分に該当する項目はあるのか」とか「相手に当てはまる項目はあるのか」と探してしまいがちです。

女性に限定すると性に関する悩みの中でも多くチェックされているのが、膣に関することです。なかでも膣内の締まり具合に関して、強いか弱いかということがとくに注目を集めているようです。

膣内の締まりをよくする?膣トレって何?

膣内の締まりをよくすると、最近たくさんの媒体で紹介されているのが「膣トレ」と呼ばれている方法です。

実は膣トレは、性に関する項目だけではなく女性のスタイルアップ効果や、加齢による尿漏れなどの悩みを軽減させるために大切なトレーニングなのです。

膣トレで聞く骨盤底筋とは?

下腹部部分には、骨盤底筋という筋肉が存在します。骨盤底筋は、膀胱や子宮など下腹部の臓器を支えるための筋肉です。骨盤底筋をしっかり鍛えることで、肛門や尿道、そして膣を締める働きが高められます。

骨盤底筋は、他の筋肉と同様に加齢に伴って筋力が衰えてしまいます。骨盤底筋の緩みによって、下腹部に存在する臓器の位置が本来あるべき部分より下がった位置に存在してしまいます。このことが原因で下腹の部分がポッコリと出やすくなってしまうのです。

さらに骨盤底筋の緩みが原因で尿道の締まりが悪くなると、尿漏れが起こりやすくなります。骨盤底筋を鍛える運動やエクササイズに関するグッズは、ネット通販を中心にバラエティショップでも購入できるようになりました。誰にも見られずお風呂場でできるエクササイズやトレーニング方法も紹介されています。

骨盤底筋を鍛えておくと、性生活を送る上での悩みが軽減できるだけでなく加齢に伴う悩みが軽減されたり女性らしい理想的なスタイルアップ効果も高められるのです。

パートナーにもっと愛されたい‥アソコがゆるい原因とは?

私たち人の体には、たくさんの種類の筋肉が存在しています。多くの筋肉が存在することで、健康で若々しい体を保ちやすい状態が維持できます。

さらに女性に関して言うと、理想的な体型を維持するためだけでなく、体の内部から綺麗を保つ効果を上げられるのです。

大切なパートナーとのふれあいは、心の充足感が一層高まります。アソコの締まり具合に関しても、筋肉の力がもちろん関係しています。

膣が緩かったり、キュッと締まっていたりする原因は何なのでしょうか?ご紹介していきますね。

男性も膣の締まりが良いほうがいいと思っている?

男性が女性に求めている、なかなか表に出して言えない理想のひとつが「膣の締まりの良し悪し」なのだそうです。SEXの時、締め付け具合が高いことが理想的でありながらも、口に出すのは少々憚られるものです。
※もちろんそれが、愛情の全てではありませんし、そればかり気にする男性では考えものですが‥。

なのに、自分のアソコが名器だと思う、自身のモノに自信ががあるという女性は、全体の21%、実に89%もの方が、自分の締り具合に自信がないと感じているそうです。男性と同様に女性も「自分自身の膣の緩さというものは、表にはできないもののとても気になることのようです。

骨盤底筋の衰えがゆるさの原因?

先ほども少し触れましたが、膣の締め付けに深く関わってくるのが、下腹部部分に存在する骨盤底筋群という筋肉です。骨盤底筋群は、子宮や膀胱などを支えるために存在する筋肉です。骨盤底筋群の力が強いほど、尿道や肛門さらに膣の締め付けが強くなります。

しかし、女性の骨盤底筋群は様々な要因によってその力は衰えやすいのです。膣の締め付けの緩みと深いかかわりを持つ骨盤底筋群とは、どんな要因で筋力が衰えやすくなるのでしょうか?

アソコがゆるい…女性の骨盤底筋群が衰える原因とは?

女性の骨盤底筋群の筋力の衰えには、妊娠と出産によるものと加齢によるものの2つに大別されます。

妊娠・出産による影響

大切な命をお腹に宿す、妊娠中から出産後にかけての間、女性の体内では胎児が過ごしやすい環境を整える効果を上げるために、ホルモンの分泌量が一時的に変化します。

関連:

これにより、女性の体内の関節や筋肉がダメージを受けます。中でも一番ダメージを受けるのが、この骨盤底筋群です。通常支えている臓器に加えて、体内で成長する胎児や胎児をしっかり保護する、子宮を支える役割を担うのが、骨盤底筋群です。

出産の際に体内の赤ちゃんは、骨盤に向かって頭部を使って圧力を加えます。さらに、妊婦さんは全身を使っていきむことで体外に出ようとする、赤ちゃんを手助けします。赤ちゃん自身が欠ける圧力と妊婦さんのいきみで、骨盤底筋群にはものすごいダメージを受けてしまいます。

妊娠中には胎児の重みが原因で起こりやすくなっていた尿漏れが、産後には骨盤底筋群のゆるみが主な原因に繋がってしまいます。骨盤底筋群の緩みは、尿漏れや膣の緩みだけでなく、筋肉が伸びて支えきれなくなった下腹部部分の臓器が下がりやすくなる状態に陥ってしまいます。

加齢に伴う影響

加齢に伴って、全身の筋力の低下が起こりやすくなり、しわやたるみが目立ちやすくまります。骨盤底筋群も、筋力の低下が目立ち始めます。骨盤底筋群が衰え始めると、下腹部内に存在する臓器の位置が下がりやすくなり下腹がポッコリと出やすい体型になってしまいます。

歳を重ねるとどうしても代謝が落ち、太りやすく痩せにくい状態になってしまいます。体重が増加すると、内臓に負荷がかかり骨盤底筋群は伸びきってしまいます。さらに加齢に伴ってきれいな姿勢を保ちにくい状態になってしまうわけです。

アソコがゆるい改善方法はあるの?

姿勢を良くすることでの改善法!

猫背を治し姿勢をよくすることを心掛けましょう。下腹部部分にも力が入り、骨盤底筋群が引き締まった状態が保てます。

姿勢が悪いことによって見た目が悪いだけではなく、骨盤底筋群を使わない状態が続くことで、内臓などが下がって体形が崩れやすい原因にもなってしまうのです。

また妊婦さん向けのサイトなどを覗いてみると、胎児に負担がかからない骨盤底筋群のケア方法等も紹介されていますね。当サイトでも、加齢に伴う衰えを防ぐ効果を高める運動や、エクササイズも紹介させていただいております。ぜひご覧になって下さい。

関連:

これらの対策方法を講じることは、膣の締まりの良さを高めるだけではなく、スタイルアップにも効果的なケアなので必見です。



関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事