【悩みに効く入浴法】冷え性さんやアトピー肌さんリウマチにも効果的!

肌の悩み別

冷え性に効くお風呂の入り方

冷え性の症状は、気温の低い時期に起こりやすいという印象も強いようです。しかし最近では、季節を問わず症状に悩んでいるという方もたくさんいらっしゃいます。

冷え性は、放っておくとホルモンバランスの乱れを引き起こしやすくなります。
日常生活の中には、冷え性を引き起こす要因に繋がる事柄もたくさん存在するのです。

冷え性が悪化すると‥

屋内のエアコンの効いた部屋で過ごすことが多くなると、外気との気温差が大きくなり体温調節の機能を担う自律神経に負担がかかりやすくなります。

過度なダイエットや運動不足は、体温調節に欠かせない筋肉の量を減らしたり筋肉を動かさない状態を引き起こし、体の冷えの原因となります。冷たいものを過剰に飲んだり食べたりすると、胃や腸など内臓から体を冷えやすくしてしまいます。冷え性の症状を改善するためには、適度な運動や規則正しい生活、生姜など体を温める作用がある食物を積極的に摂取することなどたくさんの対策もあります。中でも効果的なのが、入浴で冷え性を改善することです。

気温の高い日や時間がとれないときは、入浴をシャワーのみで済ませるという場合も多いです。しかし冷え性を緩和したい場合には、湯船にしっかり浸かることがおすすめされています。湯船の中で体を温めることで体温は上昇し血行が改善される状態になります。

冷え性に効く入浴法

冷え性を改善ずるためにおすすめ入浴方法は、お湯の温度が38℃~40℃の間・湯船につかるのは10分から20分程度を目安にする・肩までしっかり温まる全身浴・就寝30分前をめどに入浴する、ということが紹介されています。
38℃から40℃だと、湯温としてはぬるいのではとも思われがちです。しかし40度を超えたお湯に入ると、体内の自律神経に悪い影響を及ぼしかねません。

ぬるめの温度のお湯に時間をかけてゆっくりと体を温める方が、冷え性対策には最適なのです。湯船の中でゆったりとした時間を過ごすと、一日の疲れが取れてリラックスできる状態になります。ゆったりとした気持ちで過ごしているときは、副交感神経が活発になっている状態です。副交感神経の活動が活発になると、血管が広がりやすく血行促進効果が高まります。リラックスした状態を維持したまま就寝すると、眠りが深くなり健康効果や美肌効果と合わせて、冷え性の症状も改善されやすくなります。

入浴剤を入れたお湯での冷え性改善方法も効果的です。冷え性を改善する効果が高い入浴剤は、体を温める効果がある成分が配合されているものや炭酸成分が配合されているものがおすすめされています。これらの入浴剤は、血管を広げやすくする作用があり血流を改善して体の芯から温まりやすくなる効果があります。またお好みの香りや色が使用されている入浴剤も、副交感神経の活動を活発化させてリラックスした気持ちを高め血行を促進させることから冷え性対策におすすめされています。
入浴で冷え性を改善させたいという場合は、適温と入浴するタイミングや湯船に入っている時間を把握しておくことがとても大切なのです。

リウマチ・神経痛に効くお風呂の入り方

体に起こる様々な症状を緩和させる為の手段の一つが、入浴です。入浴は体を清潔な状態にするために入るということと合わせて、体を温める効果があります。
湯船に入って体内の血流が改善されることで、体の温度が上昇します。血行を促進させることは、体にまつわるさまざまな症状を和らげる効果や美容効果を高めるために欠かせないことなのです。

リウマチが悪化すると‥

入浴で症状が緩和される病気として挙げられるのが、リウマチや神経痛です。温泉に記載されている効能でも、これらの症状はよく記載されています。
リウマチは、関節に痛みが生じ、炎症が起きた後症状が悪化すると腫れが起こって症状が出た箇所が変形してしまう病気です。男女比で見ると女性に起こりやすい症状で、とくに30代から50代にかけての年齢層で症状が出やすいといわれています。

関節部分に存在する滑膜という部分にリンパ球が到達すると、サイトカインという物質が出ます。サイトカインが出ると免疫力が高まります。通常ですと免疫力が高まることで体外からの芸的の侵入を防ぐ効果が高まります。ところが滑膜部分でサイトカインの分泌が促進されると、免疫が通常ではない状態で働き始め、骨や軟骨部分を外的とみなして浸食を始めるのです。この結果、関節部分に痛みが出やすくなりリウマチの症状が起こるのです。

ヒトの体の神経は、末梢神経と中枢神経に二分されます。体が受けた刺激を中枢神経に伝達するのが、末梢神経に存在する感覚神経です。感覚神経が何かしらの刺激を受け、中枢神経に「痛み」の情報を伝えることで起こるのが、神経痛です。

リウマチに効く入浴法

リウマチも神経痛も、入浴することで体が温まると、血行が改善され痛みが軽減します。
さらにリウマチ特有の症状でもある「体のこわばり」も緩和されます。そして水の中で起こる浮力が、リウマチの症状が出る腰や関節にかかる負担を軽減することでも症状を和らげることが可能となります。

入浴すると、副交感神経の活動が活発になりリラックス効果が高まります。リラックスした状態になると神経に異常をきたすことで起こりやすくなる神経痛の症状も和らぎやすい状態になるのです。
入浴での症状緩和は投薬とは違うので、副作用の心配がありません。温泉療法での治療が古くから重宝されているのは、このことが由来しているのです。

リウマチの症状を緩和するためには、約40℃のお湯に10分から20分間はいることが良い効果をもたらしてくれるといわれています。また神経痛の症状を緩和させたい場合には、長風呂を避けることが大切です。長時間の入浴は、神経痛の症状を悪化させることがあります。
神経痛とリウマチ、それぞれの症状の特徴を把握したうえで効果的な入浴方法を知ることは、痛みを和らげるために知っておきたいことです。

アトピーに効くお風呂の入り方

アトピー肌は、皮膚に発疹やかゆみの症状が出やすくなる肌のことを指します。アトピー肌になると常にかゆみの症状が出る状態が持続するということではありません。
アトピーの状態でのかゆみや発疹は、落ち着いている状態(寛解)と症状がひどい状態を常に繰り返して起こします。

以前は子供に起こりやすい皮膚疾患という印象が強かったようです。赤ちゃんの時期に症状が出ると、2歳までに症状が出たお子様の半数が完治し、10歳ではさらに半数が完治、そして18から20歳のころには大多数の人の症状が完治するというのがアトピー性皮膚炎の特徴でした。しかし最近は大人になってからアトピー性皮膚炎を発症するという症例も多く、世代を問わずに症状が出る皮膚炎としての認識が高まっています。

アトピーが悪化すると‥

アトピー肌になりやすい人は、体外から侵入する何らかの物質に対する免疫反応が通常よりも強い体質の人に出やすいのが特徴です。肌内部には、セラミドなど乾燥から肌を保護する成分が備わっています。しかしアトピー体質の人は、肌を乾燥から保護する成分がもともと少ない状態の人が多いともいわれています。

肌の乾燥状態が続くと、かゆみを引き起こしやすくなります。
アトピー肌の症状を和らげるために使用されるのが、ステロイドという成分が配合されている外用薬です。ステロイド剤使用のほか、肌に不足している天然保湿因子やセラミドなど乾燥を防ぐ成分を補って皮脂の分泌を整えるという方法も効果的です。

アトピー肌に効く入浴法

アトピー肌の場合、入浴の際にも気を付けておきたいことがあります。
湯船に入る前に、軽くシャワーのお湯で汚れを洗い流すことは、皮膚に付着したアレルゲンを落とし、肌の奥に浸透することを防いでくれます。

湯船に入る際に気を付けておきたいことは、温度と入る時間の長さです。長時間湯船に使ったり熱いお湯に入ると、血行を促進させかゆみの症状を悪化させやすくなります。アトピー肌で湯船に入る際に適当とされているのは「湯温38℃~40℃」「湯船に入る時間は約10分から20分」です。この2つの目安で湯船に入ると、かゆみの症状は落ち着きやすいのだそうです。

シャンプーや体を洗う際に気を付けておきたいのは「充分に泡立てる」ということです。液状のシャンプーやボディー洗浄料を直接肌にのせてしまうと、刺激が原因で発疹やかゆみの症状が出やすくなります。最近では、肌に優しい成分だけを使用した製品や泡タイプの洗浄料などもたくさん揃っています。アトピー肌に刺激をなるだけ与えない素材を使った製品の使用を心掛けましょう。
入浴後の肌はとても清潔で、水分が蒸発しやすい状態です。肌の水分不足は、アトピー特有のかゆみを引き起こしやすくなります。肌の水分を逃さないために、保湿をきちんと行うことも大切です。セラミド成分が配合された市販の保湿剤や皮膚科で処方された保湿剤をしっかり馴染ませて肌の乾燥を防ぐことも、アトピー肌の症状を落ち着かせるために重要なことなのです。

アトピー肌でも快適に入浴したいためには、適温と入浴時間、正しい体の洗い方、打つ老いを保つこと。この3点をしっかり抑えておくことが大切です。

オススメこちらもチェック

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事