鼻毛や鼻の下の産毛処理やレーザー脱毛について

脱毛

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

鼻毛脱毛について

大好きな男性とデートをすることになって、服装もバッチリおしゃれにして髪型もキレイに整えたそれにも関わらず、男性はずっとさえない感じ。一緒にいても楽しくないのかな‥などと考えながら、ふとトイレで鏡を見てみると、鼻毛が一本伸びて目立つようにそびえたっていた。

そんな体験やエピソードはないよと思っていても、実際自分が経験したら怖いですよね。

百年の恋も冷めると、言っている男性も少なくありません。ここまでの経験はないにしろ、ふと気づけば出ていた鼻毛に気恥ずかしい思いをした経験がある方も多いだろうと思います。

鼻毛の処理はうっかり忘れやすい?

毛抜きや鼻毛カッター、ワックス脱毛などでケアをするのは意外と面倒くさくて手間がかかります。また常日頃からお手入れする習慣をつかないと、うっかり忘れてしまうことも多いと思います。

できればこんな思いをするのならば、医療レーザー脱毛をしたいという方もおられると思いますが、鼻毛の脱毛は、他の部位とは違って気をつける必要があります。

こちらでは、鼻毛レーザー脱毛方法、脱毛後のケアの方法、脱毛の副作用やリスクについてなどというようなことを、わかりやすく説明していきますね。

鼻毛の役割と脱毛の危険性を知ろう

鼻の穴の中は、意外に繊細でデリケートなところで、脱毛が理由の負荷によって粘膜が傷ついたり、炎症が起きたりしてしまう傾向が強く、鼻毛の脱毛をおこなうのは意外とリスクが大きいのです。

鼻の内部は非常に暗くて狭く見づらいために、プロフェショナルなスキルを持っている医師でもたまに皮膚を痛めつけるくらいですから、危険性はゼロではないということになります。

鼻毛の役割は呼吸をする時に、鼻の穴の中に入り込もうとする埃や花粉などのウイルスを通さないために、必要なブロックをする役目を担っています。
その働きをしている鼻毛を脱毛してしまうことになると、このフィルターがなくなってしまうから、少なからず呼吸器系の症状の危険度がアップします。そういった不安から、脱毛クリニックでも、鼻毛脱毛だけは実施していないところも多いようですね。

レーザー射光に応じて鼻毛がこげた臭いが何日か継続し、不快な思いが続く場合があります。それと幾日か、レーザーの刺激によって鼻の中の粘膜が赤く腫れてしまう場合があります。
治療後の腫れなどを含んだアフターケアを考えると、総合病院等の皮膚科、皮膚クリニックといった医療施設で鼻毛脱毛の処理を行うほうが何の問題もなく心配する必要がないとされています。

鼻毛脱毛を行う前に理解しておきたいこと

ビジュアル的な不都合よりも本来は尊重しなければいけない、鼻毛がフィルターとして体を保護する能力というもの。塵や粉埃などの微粒子を鼻毛で絡みとってくれるおかげで、肺や気管支といった呼吸器に向かっての潜入を防御する。ごく少量だが呼気の潤いをキープし、鼻や喉などといった乾きも防いでくれます。

ほこりや換気が悪い周辺で鼻をかんだりすると、ティッシュがものすごく黒くなった場合があるのではないでしょうか。
さらに、タバコや排気ガス、埃、塵、ゴミなど空気が悪い場所にかなりの時間いる傾向にある方は鼻毛が伸びるのが早く、それに匹敵するだけ、鼻毛が汚い物を阻止してくれている理由だといえますね。

外見に出ることが多い部位の鼻毛は脱毛などでお手入れをして、奥の鼻毛は健康を保護するために残しておくことが重要なのかも知れませんね。

鼻毛を脱毛処理した際リスクは有るの?

ワックスやレーザーなどの脱毛のやり方のとは別に、毛抜き、指などで鼻毛を脱毛した場合にも起こる鼻毛毛嚢炎化膿性炎症という症状があります。主に毛根をカバーしている毛包が損傷してしまいブドウ球菌に感染してもたらされる皮膚病で、赤いボツボツが出たりします。

さらに脱毛することによって鼻毛のフィルターとしての働きがダウンしてしまうため、鼻毛がたくさん生えていて伸びている状況より呼吸器系の疾患のリスクは高まってしまいます。

鼻の下に生えている産毛の処理について

鼻の下に生えてくる産毛って、気になってしまいますものです。それに加えて、セルフケアを行って、生え残しがあったりして失敗したりすると、顔ですから恥ずかしい思いをするので、いつもながら産毛を対策をするのが、かなりめんどくさいと感じていました。

脱毛サロンには、お世話になっていたことはありましたが、鼻下の脱毛についてはまったく検討していなかったので、脱毛可能か不可能か観察してみれば、鼻下脱毛という物が発見できました。

化粧のノリが大変良くなります

鼻下の脱毛をおこないますと、セルフケアの煩わしさから開放されるのは、当然のことなのですが、素肌が鮮やかになって、メイクのノリもとても良くなってくるみたいですね。一時、床屋さんで顔を剃ってもらうのが、流行った事もありますものね。さらに鼻頭脱毛というのもあります。

永久脱毛を行えば、鼻下にダメージを与えて切ったりして、傷をつけたりすることもなくなりますよ。まめに剃っていたりしますと、男性のシェービング後のように青くなることや、黒いボツボツが目立ったりして、色素沈着を生じさせて黒ずみを作ったりするケースもあります。

セルフ脱毛にトラブルはつきもの

自己処理によって素肌を痛める前に、クリニック脱毛のカウンセリングを無料で受けてみるのも一つの手です。最近では特に若い女性が友達と気軽にサロンに相談に行くようです。鼻下の毛と言いますとメンズのヒゲをイメージしてしまうと想像できますが、女の人であっても鼻の下のヒゲあたりには数多くの毛穴があって、よく見ると薄いうぶ毛が密集しています。

また女性なのに鼻の下が青いことで悩んでいる方もいます。鼻の下に生えているうぶ毛や、ムダ毛を毛抜きやカミソリなどで、セルフケアを続けていると、カミソリ負けを起こしたりして、赤く腫れたり、気が付かないうちに、鼻下の角質が分厚くなってきたりと、肌の不調が引き起こされることも少ないとは言えません。

セルフ脱毛における広大化の危険性

幾度となく自己処理を繰返す事により、薄かったムダ毛が、なおさらレベルアップしてしまうのみならず、毛穴も広大化してしまうこともあります。

鼻の下の毛穴が大きくなってしまいますと、ファンデーションを塗った際に、そこの部分が浮いて際立ってしまったり、時間が経過すると、毛穴がわかりやすくなってしまったりする場合があります。

鼻下の脱毛を施術をすることにより、ムダ毛や肌荒れの苦悩から、開放されることになりますよ。しかも、鼻下のうぶ毛を処理することによって毛穴がギュッと引き締まって、デコボコがなくなり、肌もフラットになる事により。より明るく、透明感も伴う肌色の皮膚になってきます。

加えて、産毛が消えうせると、ファンデーションが皮膚にスッとなじみ、メイクのノリもとっても良くなります。鼻下だけでなく、フェイスラインをトータルで顔脱毛を行いますと、口周りに拘ることなく、顔全体がいい感じで明るくなり、格段に効果を発揮します。

クリニックでの鼻毛・産毛脱毛について

ナイーブな口周りも安心!レーザー脱毛について

鼻下産毛にも効き目を見せるのは医療レーザー脱毛になります。エステの光脱毛は、産毛にはあまり効果は期待できないといえます。一般的にエステのフラッシュ脱毛や光脱毛は、低出力での放射ですので、皮膚の中に熱がこもることによって、ヤケドのリスクや危険性が高いのです。

最新の医療レーザー脱毛機器は、太い毛にも産毛にも、威力をもの凄く発揮してくれて、鼻下のようなデリケートなパーツにおいても、問題なく効果的に脱毛をすることが可能になります。鼻下の産毛の脱毛で、薄暗かったフェイスイメージも、かなりスッキリとすると思いますよ。

医療レーザーの鼻毛脱毛の効果について

そもそも鼻毛の脱毛ができるということを知らない方も多いようですね。煩わしい鼻毛脱毛ができたら、うっかりを減らすことが叶いますね。情報を調べてみると、鼻毛の脱毛ができるクリニックはなかなか見つかりません。

いくつか鼻毛の脱毛をしてくれるところはありますが‥。選択権としてはワックス脱毛サロンで一瞬の衝撃できれいに鼻毛を抜きさってしまう施術がほとんどのようです。または、鼻毛脱毛を行っている医療レーザー脱毛になります。が!すごく痛いそうです‥。半端なく‥。

直接レーザーをあて施術する方法がほとんどです。医療レーザーも衝撃があるようですので、痛みに関してはある程度覚悟しておいたほうが良さそうです。

それでも医療レーザーならドクターにお任せできるので、安心して任せられること。ずーっと行ってきた鼻毛脱毛から開放され、自信を持って笑えること。これは大きなメリットですね。

まとめ

鼻毛も医療レーザー脱毛ができることは分かりましたが、そうは言ってもなかなか来店するとなると勇気がいりますよね。
そのため、家庭用のレーザーやフラッシュ脱毛器を使って、家でお手入れをしている人も多いでしょう。簡単にできるような施術機械でも、特に鼻毛のセルフ脱毛は自分で処理をするとなると危険も伴うこともあります。

永久脱毛のような半永久的な効果を期待しているかたは、レーザー脱毛に行くことを検討しても良いと思います。その理由は家庭用での脱毛器は、効果の高いものですと7万円前後とそこそこ高額。

一方、クリニックに通って施術するのも一見高額に思えるのですが、だいたい1回5000前後と意外とリーズナブル。1回5000円として5~6回通ったとしても30000円。自宅で機械を購入して処理をするより断然お得でしかも安心です。鼻毛の処理は恥ずかしい‥という思いもあるかもしれませんが、一歩勇気を出してみれば、きれいな女性にさらに磨きがかかるはずです。

こちらもチェック

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事