【胸を大きくするカギ!】魅力アップするためのホルモンの増やし方

バストアップ

胸を大きくする ホルモンについて

胸を大きくする成功のカギともいえる「ホルモンの活性化」。

バストアップには、女性ホルモンと、成長ホルモンの分泌をアップすることで、ボリュームのあるバストに、くびれたウエストと、女性らしい、しなやかな美しい体に近づけます。

バストをボリュームアップさせるだけでなく、美肌や美髪に効果があります。
また、PMSやストレスの緩和などなど・・様々な嬉しい作用があります。

女性ホルモンを増やす方法、成長ホルモンの分泌を促進する方法を知って、完全攻略することで、胸を大きくするだけでなくキレイにもなれちゃいます!

まずは美胸、美肌を作る「成長ホルモン・女性ホルモン」についてご説明しています。

月と女性ホルモンの関係

・女性ホルモンの1ヶ月の動きとは?
女性ホルモンとは、生理や妊娠・出産だけに関係すると思われがちかもしれませんが、それだけではありません。

確かに毎月生理が来たり、妊娠や出産に関係はしますが、その他にも女性らしい丸みのある身体や豊かなバストなどとも関係してくるのです。

女性ホルモンには胸をふっくら 大きくしたり女性らしい身体を作ったり、艶のある肌に関わるエストロゲンと、妊娠の成立・継続にかかわり子宮内膜を整える働きのあるプロゲステロンとがあります。
この2つのホルモンが一定の周期で、分泌量が増えたり減ったりしながら、バランスをとっているのです。基礎体温を毎日計る事で、分泌量のバランスも見えてくるでしょう。

自律神経やホルモンバランスを調整

・メンタルとの結びつき
生理前から排卵までの間は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増える時期で、基礎体温は低温期となります。

この時期は精神的にも穏やかで安定しており、お肌もツヤツヤで体調もとても良い時期です。排卵から次の生理までの間の高温期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えます。

このホルモンは妊娠を助けたり、受精卵が子宮に着床しやすいように子宮内膜を厚く整えたりする時期。この時期は身体が浮腫んだり、食欲が出てきたり、とっても眠くなったり、人によっては頭痛や腹痛、腰痛がおきて体調も悪く、精神的にもイライラしやすい時期なのです。

毎月、生理前によく頭痛やちょっとした事でイライラした記憶‥、女性の多くは経験しているのではないでしょうか。そういった精神的な変化なども女性ホルモンによるものだったんですね。

また満月の夜は興奮する、またイライラする等の話も耳にしたことはありませんか?
月の満ち欠けと、女性の体は神秘的な話になりますが、繋がっている、関係しているのでは‥という説もあります。

月末に生理が来る女性が多いとも言われています。とっても不思議ですよね(・ω・)

女性の一生でも変化が‥

女性ホルモンは月経周期だけではなく、女性の一生でも変化があるのです。

女の子は思春期が近づくと、エストロゲンの分泌量が増えはじめ、初潮を迎えるのです。やがて20~30代で分泌量が安定し、多くの女性はこの時期に妊娠・出産を経験していますよね。

ここからはエストロゲンの分泌量は減っていき、閉経前後には心身共にバランスがくずれ、症状が重い場合は更年期障害と言われ婦人科にかかる女性も多くいるでしょう。
更に老年期になると骨粗鬆症になったり、代謝が落ちる事から太りやすくなったりするのです。

このように女性の美しさはホルモンバランスと密接に関係しています。ちょっとした事からバランスを崩すと身体の不調につながる事も多いのです。

月経周期とホルモンバランスの動きを知り、規則正しい生活やストレスの緩和、バランスの取れた食事を心がけましょう。また女性ホルモンに似た働きのある、女性ホルモンを増やす食事などを、上手に取り入れて、いつまでもキレイでいる努力をしていきたいものですね。

成長ホルモンについて

胸を大きくするには、成長ホルモンが多く分泌されることが、ポイントとなります。

バストアップに女性ホルモンの関わりは、かなりよく知られていますが、「成長ホルモン」も胸を大きくすることや、美乳を育てるのに実は欠かせません。また美肌やアンチエイジングにも、成長ホルモンの分泌量は関係しているので女性の美の大切なポイントになります。

胸の大きさには、ラクトゲン受容体が関係しているという説があります。
このラクトゲン受容体が、成長期後に体内にできることがあり、その際に成長ホルモン作用が多く分泌されていて、その働きがバストアップに関係しているのではないかと言われているのです。

30歳や40歳前後になり、胸が大きくなる女性は、ラクトゲン受容体ができ成長ホルモンの分泌で育乳しているのではないか・・と期待されています。

成長ホルモンとラクトゲン受容体

・成長期の成長ホルモン

成長ホルモンとは、身体の成長を司っているホルモンです。成長期と言われる13歳~17歳くらいに、一番多く分泌されています。

もちろんのこと成長期に多く分泌されるこの成長ホルモンは胸を大きくするのにも関係しています。早い女性ならば、小学生の高学年くらいから、胸が膨らみ始めますね。
この成長ホルモンの分泌が関係しているのです。

しかし、胸を大きくするのは、成長ホルモンの促進をすることと、この「ラクトゲン受容体」という、バストを大きくしてくれる組織の存在が重要です。

管理人
ー女性は成長期、乳腺の中にラクトゲン受容体ができあがります。

このラクトゲン受容体は、胸を大きくする組織ではあるのですが、実はまだ医学的にもあまり解明されていない部分が多くある組織です。またこのラクトゲン受容体は、女性全員にあるわけでもありません。全くない方もいます。自分に出来ているのか、いないのか・・。調べる方法も、まだ今のところありません。

ラクトゲン受容体が成長することがある!?

また成長期を過ぎた、20代、30代の女性でも、ラクトゲン受容体が成長する事があります。バストの遅い成長期みたいなことですね。私もですが、20代を過ぎてから胸が大きくなる事は、多くの女性が体験しています。それはラクトゲン受容体が成長した可能性があります。そしてこのホルモンが作用が影響したと言えます。

成長ホルモンは、20歳前後から減少していきます。ですが、分泌のピークを過ぎていも、成長ホルモンの分泌を促進すると、胸は大きくなります。

胸を大きくするのに重要な成長ホルモンを促すには、たっぷりと快適な質の良い睡眠をとること。軽い筋トレやエクササイズや、食事でも良質のアミノ酸が成長ホルモンの材料になります。またアルギニンは成長ホルモンが刺激され分泌を促します。

女性ホルモンについて

先ほどもご紹介いたした様に、女性ホルモンは、私たち女性の身体や心の健康や、調子に密接に関わっています。2大ホルモンエストロゲン(卵黄ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

女性のカラダは生理周期に合わせて、プロゲステロンとエストロゲンが増えたり、減ったりを繰り返しています。近年、耳にすることも増えた「エストロゲン」。この作用は一言でいうと、胸を大きくしたり、しなやかな女性らしい体つきを作るのに影響するホルモンです。

女性ホルモン リズム
また、私たちの身体を妊娠、出産に導いたり適するカラダを作るのも、エストロゲンの役割なのです。

もう一つのホルモン プロゲステロンは、妊娠をスムーズにし、また妊娠した時には胎児を守る働きをします。

エストロゲン量が分泌され良いバランスを保てていると、バストアップや、美しいツヤ肌、髪を育んだりする効果、女性の魅力アップに繋がります。

一方、プロゲステロンは多く分泌されていると、食欲を増進させたり、お肌の皮脂分泌が増しにきびや肌荒れの原因、身体のむくみなどの原因になってしまいます。ですが、プロゲステロンもエストロゲンも妊娠・出産に関わる、もちろん大切なホルモンです。

オススメ合わせて読みたい

胸の大きさにも関わるエストロゲン

プロゲステロンとエストロゲン、この2つのホルモンが、生理の周期とも非常に深く関わって、常に増えたり減ったりを繰り返しています。お肌の調子が良くなったり悪くなったり、情緒不安定になってしまうことがあったり・・。

女性の身体や心は、この女性ホルモン影響によっても、大きく変化しているのです。

胸を大きくするには、エストロゲンの分泌を“活性化”させることがカギとなります。エストロゲンの作用を促す食事やサプリメントで、積極的なバストアップをしていきましょう。またエストロゲンの働きに、よく似た構造、性質をもつ物質もいくつかあり、非常に注目されています。これらを「植物性エストロゲン」と呼ばれています。

女性らしい体作りに欠かせない、バストアップサプリメント成分として、よく挙げられるのが「イソフラボン」や「プエラリア」です。

プエラリアミリフィカという植物は、とっても強いエストロゲン作用を持ち、エストロゲンの受容体に結合することで女性らしいバストや、しなやかな体に導いてくれます。

近年では胸を大きくする成分=プエラリアと言われる程に、知名度、人気が高まっていますよね。実際にこのプエラリア成分を配合したサプリは、カップアップや更年期障害の緩和にまで渡るほど、女性ホルモンに影響があります。

上手に摂取して、上手に付き合い、女性力アップしていきましょうね。

女性らしいボディに導くエストロゲン作用

最近はサプリメントだけではなく、スーパーやコンビニエンスストアでイソフラボン配合とか、プエラリアエキス配合と記された食品や、ドリンクもよく見かけるようになりましたね。

イソフラボンは、大豆の胚芽(胚軸)に含まれる、フラボノイドの一種です。豆乳や豆腐などの大豆加工製品に「イソフラボン配合」と書かれている商品をよく見ますよね。
プエラリアはタイに自生するマメ科の植物。バストアップサプリや野菜と、フルーツをミックスしたドリンクなどにも、よくこの名前が記載されています。

イソフラボンとプエラリアに共通しているのは、エストロゲン様作用です。エストロゲン様作用とは、体内でエストロゲンによく似た働きをする作用のことを言います。

エストロゲン期とは?


女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つのホルモンがあります。プロゲステロンは、妊娠期間を持続させる働きを持ちます。体温上昇を維持したり、水分をため込む作用が強まリます。

妊娠に適した体内環境を維持するという、とても大事な働きを持っているものの、体温上昇から頭痛を引き起こしたり、水分をため込みやすい体になるので、むくみの症状が出たりすることも。このような通常時の体にとっては、マイナス面に作用してしまう、いわゆる更年期障害の原因の一つに挙げられることもあります。

逆にエストロゲンには、動脈硬化の原因となる、悪玉コレステロールの働きを抑える作用、善玉コレステロールを増やし 動脈硬化を抑える働きを持っています。そして、骨を破壊する細胞(破骨細胞)の働きを抑える効果を持っていることから、カルシウムの吸収を助け、骨密度を増加させる作用も持っています。

閉経後の女性が、骨粗鬆症にかかる比率は男性の約3倍といわれています。閉経後にエストロゲンの分泌が、減少傾向になってしまうことが一因といわれています。動脈硬化予防や、骨粗鬆症予防もそれぞれ大事な働きですが、エストロゲンの働きとしてよく知られているのは「女性らしい体に変化させる」働きを持っているということです。

他にも女性に嬉しい影響が

女性ホルモンのエストロゲンは、月経周期に合わせて分泌量が異なってきます。基礎体温が低めの低温期、そして月経周期にあてはめると卵胞期、排卵期に分泌が活発になります。エストロゲンの分泌が活発になると、女性らしい体つきへと変わることを促進させます。
生理が始まるなど、女性らしい体に近づかせるための一役を担っています。また、気持ちを前向きにさせてくれる働きも持っています。

「新しいことを始める」「ダイエットをスタートさせる」など、いろんなことに挑戦してあきらめずに持続させやすいのも、エストロゲンの分泌が活発な時期に事を起こすと良いとも言われています。

閉経が近づ40歳前後に、エストロゲンの体内での分泌の減少が始まります。エストロゲンの分泌が減少することで、ホルモンバランスの乱れが生じ、更年期障害にかかりやすい時期に差し掛かってきます。

体内での分泌が減少するエストロゲンを補うために、体外からイソフラボンや、プエラリアミリフィカ、プラセンタを摂取することでホルモンバランスを整えておくこともとても大切なことです。

妊娠のための大切なプロゲステロンの働き

生理の終わりころから排卵日近くにかけて、女性の体内で分泌が活発になるのが、卵胞ホルモンエストロゲン。インターネット上の、女性向けのページでは「キラキラ期に分泌される美肌ホルモン」という紹介をしているサイトもあるようですね。

生理が終わって排卵が近づくまでの「卵胞期」は、基礎体温も低温期に入り、体の中だけではなく心も充実している時期なのでキラキラ期とも表記されているようです。

万全の体調の下、やる気もみなぎり気力も充実しているというコンディションなので、周りの方々からも「キラキラしているなぁ。」という良い印象を持たれることからこのような呼び名が付けられたのでしょう(・ω・)♪

お次はうって変わって「イライラ期」とも呼ばれてしまうプロゲステロン作用について、ご紹介いたします。

どうしてイライラしちゃうの?

排卵日が近づくころから生理が始まる「黄体期」にさしかかる周期。体調がすぐれない日が続き、心なしかイライラが続くという不調な時期に差し掛かってしまいます。

生理前は頭痛や腹痛などの、体調不良になりがちです。同じお化粧品でスキンケアを続けているはずなのに、くすみやテカリがひどくなったと感じられることもあるかと思います。

体調が悪いという理由だけではなく、ほんの些細なことでイライラが募りやすくなります。黄体期に起こるこのような、女性に及ぼす不快な症状はすべて、プロゲステロン(黄体ホルモン期)の分泌による身体への影響だといわれています。

これまでに挙げた例ですと、エストロゲン=良いホルモン、プロゲステロン=それほどいいとは言えないホルモンというイメージになりがちですよね。

しかし、このホルモンもエストロゲンと同様に大切な女性ホルモンなのです。女性のカラダをバランスよく保っているのです!

プロゲステロンは単体で働くことはなく、エストロゲンとともにバランスよく、分泌の強弱をつけながら女性の体を守る働きがあるのです。

排卵直前から、基礎体温は高めになる「高温期」に入ります。その名の通り通常よりも体温が上昇している時期なので、頭痛や熱っぽさやほてりを感じることが多くなります。

このことは妊娠状態を保ち続けるための作用だといわれています。生理前に「お肌がむくんでいるなぁ」と感じたことはありますか?このことも、妊娠に備えて体内に水分を溜め込むことから起こる症状だということがわかっています。

妊娠や出産との結びつきプロゲステロン作用

プロゲステロンは、女性の月経周期を決めて、妊娠や出産などに大きな役割を果たすのです。
プロゲステロンが減少すると、女性ホルモンが乱れ月経周期が不規則化してしまいます。このことはすべての女性に大ダメージを与えることになるのです。

女性の妊娠や生理に、大きなかかわりを持つプロゲステロンですが、このほかにも血糖値の正常化や、体脂肪の減少、そして利尿作用にも大きな役割を持っています。
プロゲステロンの分泌によって、引き起こされる体調面での不調は、生理前に起こる体調不良の症状と重なるものがたくさんあります。

ですので、プロゲステロンの分泌時の、体調不良に対する対策は、生理前に気を付けておくことをしっかりと守ると、若干ではあるものの症状は和らぐでしょう。

この周期のお肌のケアとは?

皮脂分泌が高まるこの期間。お肌や身体のトラブルを防ぐための注意点とはどのような点でしょうか?まとめてみました。

・いつも以上にお肌のお手入れを優しくこまめにすること
・むくみを防ぐために水分と塩分の摂取をなるだけ控えること
・貧血予防に鉄瓶を積極的に摂ること
・便秘解消のために食物繊維を摂ること
・シミやそばかすを防ぐために日焼け対策を念入りに行うこと

これらのことを行うことが、プロゲステロン分泌時の不調対策に繋がります。

エストロゲン、プロゲステロンともに女性にとっては必要なホルモンです。この二つの分泌のバランスがきちんととれているということが、とても重要なのです。

ホルモンとフェロモンて違うもの?

管理人
ホルモンとフェロモンの違いとは?

女性らしい身体を作るのに、女性ホルモンが大切だということは、このサイトをご覧頂いてお分かりいただけたでしょうか。美容に関心のある女性なら、皆知っていらっしゃったかもしれませんね。そして、フェロモンもセクシーさや女性らしさを出すものとして有名ですよね。

では、このホルモンとフェロモン。なんだかよくにているような気がしますが、違いについてはどうでしょう?意外と知らない人が多いのではないでしょうか。それでは、その違いとフェロモンについて紹介したいと思います。

まずホルモンというのは、人間や他の動物たちも持っているもので、体内で生成されて分泌される物質です。男性、女性誰もが持っているのがホルモンです。先程述べました女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンや男性ホルモンなどをはじめ、非常に多くの種類があります。

美容に限らず、体内の様々な機能を正常に保つように、コントロールしてくれる重要なものです。このバランスが崩れると、病気や癌のリスクが高まったり、肌トラブルが起きたりしてしまいます。

フェロモンとは?効果や働きとは何ぞや?

次にフェロモンですが、これは体内で生成された後に、体外で分泌される物質なのです。
つまり、ホルモンが自分自身に作用するのに対し、フェロモンは相手に影響を与えるのです。

人間のフェロモンは、人間にしか感知できません。それぞれ同じ種類の動物にしか効果がないのです。

フェロモンは汗腺などを通して体外に分泌され、異性を惹きつける、仲間を集める、外敵の存在を知らせるなどの効果があります。

フェロモンをポワンと分泌させる方法とは?

異性に対してのセクシーさや魅力のようなイメージが強いですが、本来は自分と同種の生物に対して情報を伝えるものなのです。

フェロモンは、匂いで感知するものではありません。
嗅覚から得る情報なのですが、意識の上で感じることはできない潜在意識に刺激を与えるとされています。

フェロモン入りの香水などが売られていますが、わざわざ使わなくても自然に放出されるものです。

フェロモンをしっかりと分泌するためには、栄養バランスの良い食事や、上質な睡眠が大切です。

また、過度なストレスは悪影響を与えます。ダイエットなどを無理して行ってストレスを溜めるのは良くないですね。
体調を整えることと一緒ですね!

「美しさ」というと、ついつい外見にばかり目を向けてしまいがちですが、やはり内面から意識していかないと、本当の美しさは手に入りません。

今回紹介したように、ホルモンとフェロモンは違うものですが、結局バランスの良い食生活や睡眠、ストレスを溜めないことが大切という点は同じです。
ぜひ美しさを手に入れられる、素敵な生活を目指してくださいね。



オススメこちらもチェック!

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事