生理中の便秘や下痢!お腹も痛~い!その原因とは?

ボディーケア

毎月の生理 憂鬱です‥

女性には切っても切れないものがあります。生理、出産、更年期などによって様々な悩みがあると思います。そのすべてに関わっているのが、女性ホルモンの乱れや変化によるものです。女性特有のホルモントラブルの中で特に身近なのが、生理痛や腹痛、貧血などの症状です。

これらの生理周期のトラブルを、生理痛・便秘や下痢など一つ一つ症状に合わせて、原因や解消法などを解説していきたいと思います。
症状に合わせて、整理にまつわるトラブルを改善する方法(女性ホルモンサプリや食事、健康的な生活)についても紹介していきますね。

生理×生理痛について

生理と女性ホルモン

初潮を迎えてから閉経までの長い間、女性にとって月経は長いお付き合いになりますね。個人差はあるものの、月に約1回のペースでやってきます。

月経は、脳、子宮、卵巣の3つに期間がホルモンによって、情報を伝達しながら連携して機能します。

最終月経日から、次の月経が来るまでの間を月経周期といい、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期の4つの時期に分けられます。

子宮の内側は子宮内膜で覆われていて、月経前になると子宮内膜は1センチほどの厚さになります。月経の際の経血は、子宮内膜がはがれ落ちたものです。子宮内膜がはがれた後には、また次の組織が作り出されて内膜を厚くしていきます。

子宮内膜を排出して、また作り出すというサイクルをつかさどっているのが、女性ホルモンの働きです。

ひどい生理痛は?

女性には妊娠をするためのプロセスの一環で生理、排卵というものが毎月やってきます。

生理中は通常であれば多少の痛みが伴うのが一般的ですが、場合によっては酷い腹痛や頭痛、腰痛に加えて思考能力の低下がみられるなどの症状も。
普通に日常生活を送るのが難しい月経困難症という症状に悩まされているひとがいます。

月経痛がひどくて動けなくなってしまう女性もいるようで、毎月の生理が嫌でストレスを感じてしまう方も少くないようです。最近ではそう言った症状を訴えるひとが増えてきているのが現状です。

出血量が過多であったりストレスを感じる部分は非常に多くあります。

また、逆に生理不順に悩む方もいます。妊娠を考えるひとにとって生理の周期はとても大切で、しっかりと把握しておきたい部分です。そこがきちんと把握できないのはまたストレスにつながりますね。

プロスタグランジンについて

月経の際に不要になった子宮内膜を排出するので子宮は収縮します。この時に、子宮収縮ホルモンのプロスタグランジンが分泌されます。プロスタグランジンは出産時の陣痛を促すホルモンで、痛み物質です。

俗にいう生理が重い人は婦人科系の病気でない場合は、プロスタグランジンが過剰に分泌されやすい体質であるということが多いです。

さらに冷えも、生理痛を重くする原因の一つです。体が冷えることで骨盤内の血行が悪くなり、卵巣や子宮の機能は低下して生理痛はさらに重たくなってしまいます。

年齢が若いと子宮の発達が未熟で、子宮口の周辺が硬くて狭いために、プロスタグランジンが過剰に分泌されてしまいます。出産を経験したり、年齢を重ねると生理痛の症状が軽くなる場合があるのは、子宮が成熟して子宮口が広がりやすくなるためです。

生理痛の症状や原因について

日常生活に支障をきたしてしまうほどの激しい痛みを伴う生理痛は、月経困難症と呼ばれています。
思春期ころから20代前半までに多く見られる月経困難症は、機能性月経困難症といわれています。

前述のとおり、プロスタグランジンの過剰分泌がその原因です。

20代後半頃になると、子宮内膜症や子宮筋腫が原因と考えられる、器質性月経困難症という症状が現れることがあります。
器質性月経困難症の場合は、生理期間でなくても痛みを生じることがあります。

ご自身の月経困難症がどちらなのかはっきりしない場合や、あまりに痛みがひどい場合は、婦人科を受診して適切な処置を受けることをお勧めします。

生理痛は冷え性が関係しているの?

その他、主な原因と言われているものでほとんどの場合、生理痛に関しては冷え性などが大きく関係していると言われています。

初潮の頃はなかった生理痛が突然でてくることもあります。高校生くらいの17歳代が一番発症しやすいかもしれません。

これは、服装が派手になって露出が増えることによる冷え性が原因の場合もあります。またシャワーだけで入浴を済ませてしまうひとだと、身体が芯まで温もらずこれも冷えの原因になります。

まずは身体が冷えないようにしっかりと暑いお風呂に浸かって温めたり、服装が露出が高いものだったとしても、カイロなどを使って身体を温めることが大切です。

ほかにも、骨盤の歪みなども挙げられます。骨盤が歪むことによって冷え性が誘発される場合もありますし、整理中に腰痛を引き起こす原因にもなりやすいです。

なので、整体などで骨盤の歪みを治したり、普段の生活でも足を組むなど骨盤の歪みにつながることをしないように気をつけていくなどすれば生理痛は軽減することもあるようです。

ひどい生理痛は病気の可能性があるって本当?

女性の悩みになりがちな生理の症状。病気のサインの可能性は?
私も生理痛はかなり酷い方なのですが、インターネットなどで調べていると「病気のサインかも?」なんて言葉をよく見かけます。実際に挙げられる病気としては「子宮筋腫」「子宮内膜症」などがあげられます。どちらも、普段に気づくような症状が少ないので注意が必要です。

突然に生理痛がひどくなった方や、出血量が急激に変化した方は婦人科を受診された方がいいかもしれません。もしこういった病気が潜んでいた場合に我慢をしても治ることはほとんどありませんし、むしろ症状がひどくなる一方だからです。

若い女性ですと婦人科を受診するのが初めての方もいるでしょうし、不安もあるかもしれませんが早い内から受診をされているほうが安心です。

またこういった病気を放置しておくことによって不妊症などが引き起こされることもありますし、早期発見が未来のためになります。心配しすぎるのも良いことではありませんが、産婦人科へは抵抗なく行けるよう、少しでも気になることがあれば行ってみるのは良いことですよ。

生理痛×便秘について

女性ホルモントラブルで便秘になりやすい?

女性は男性に比べて、便秘になりやすいと言われています。便秘は辛いですよね。
お腹がはったり、便秘から来る肌荒れに悩まされる人も多いと思います。

原因は諸説ありますが、これはホルモンバランスも影響していると言われています。

ホルモンが便秘を引き起こす?!

女性ホルモンには2つあり、そのうちの1つであるエストロゲンは、女性らしい体を作ってくれ、排卵に必要な卵子を育ててくれると言われています。排卵日が近づいてくると、エストロゲンの分泌量は増えて、体も元気で活動的になると言われています。体が元気になるということは内面の働きも元気になりますので、もちろん腸の働きも元気になると言えます。

反対に、排卵後はプロゲステロンの動きが激しくなるといえるでしょう。このホルモンは水分をカラダ中にため込んでしまい、体温を上昇させる役割を果たします。腸にガスが溜まり腸内環境が悪循環に陥ることもあると言われています。

このホルモンは、イライラなどを含んだメンタル的な不安も招くと指摘されており、このストレスで便秘が勃発してしまう人も少なくありません。この悪循環を正さなければ、便秘も治りませんし、お肌のトラブルも治らないということになりますね。

ホルモン周期を考えた方法で便秘改善!

様々なケースがありますが、心身のバランスが影響しホルモンが乱れ、苦しい便秘の症状を引き起こす要因になります。
そのような不調をきたさない為にも、身体のめぐりを良くして、心身やホルモンを整える事が何より大切です。

また、水も大切です。水は天然の便秘薬と言われているのを知っていますか?
水をたくさん飲むようにすれば、ある程度の便秘は解消されると言われているんですよ。便秘になるとエストロゲンが減少するとも言われています。腸内に悪玉菌が増殖してしまうため、様々なところに影響を及ぼします。普段から便秘にならない体質を作ることはとても大切なんです。

また食物繊維の豊富な食品を摂取することで、腸に刺激を与えてくれ排便を促進してくれます。
大切なのは朝食をしっかり食べるということです。交感神経が活性化されますので、お味噌汁などの和食を中心に食べてみてはいかがでしょうか。

このような普段から生活習慣を整えることが、体に良い栄養素を摂取することにもなりますし、ホルモンバランスを正常に保つことができますので、便秘解消にもつながります。このやり方なら、肌ダメージもブロックすることが可能だと思いますよ。

生理×下痢の症状について

女性ホルモントラブルで下痢になったりするの?

女性の体はとってもデリケート。不調が出やすいと言われています。特に女性特有の生理の前後には、様々なトラブルに見舞われますよね。

生理のたびに下痢になってしまう人も少なくありません。では、どうしてお腹が緩くなってしまうのでしょうか?

女性ホルモンと下痢の関係とは?

便秘や下痢と言ったお腹のトラブルは、男性に比べて女性の方がなりやすいと言われています。これらの症状には原因がいくつかあります。食物繊維の摂取量、運度やストレス、水分の摂取量など様々です。

女性の場合、女性ホルモンが原因となっていることが多いと言われています。通常であれば月経の前には便秘に、生理中は下痢がやってくるとされているようです。プロゲステロンの分泌量も増えてくるそうです。これにより、腸の働きが鈍くなってしまい、代謝機能も衰えるため便秘気味になりやすいそうです。

別の物質が腸に作用し、腸が活発に動きすぎることで下痢になってしまうのです。

下痢を改善する方法を教えて!

便秘や下痢に悩まされている日々は非常に辛いですよね。では、どのようにしたら改善できるのでしょうか。一般的に熱や冷えは便秘の原因になると言われていますが、実は下痢の場合も同じです。

冷えているなら温め、熱いなら冷やすことで巡りがよくなってくると言えます。これがホルモンのバランスを保ち、正常に働いてくれることにもつながります。規定通りの毎日を過ごしていくことこそが自律神経を正常に保ち、プレッシャーや過労を防ぐことが可能だと思います。

下痢には何より冷えは大敵となります。お腹を冷やさないように、腹巻やカイロなどで直接温めるのはもちろん、体を温める効果のある食材を摂取することも必要です。下痢の症状は軽減することができます。治らないものではありません。ホルモンバランスが乱れないように日ごろから気を付けて生活していくように心がけてみましょう。

女性ホルモン×生理不順について

女性の生理に関する悩みって色々ありますよね。

通常の女性の方ですと、だいたい1カ月くらいで生理が来ますよね。そもそも生理周期は個人差があり、生理期間も長い人や2~3日で終わってしまう人など様々ですよね。

しかし、人によっては生理不順や、無月経などのトラブルが起きることがありますよ。

悩みも様々で重い生理痛、月経不順や生理が来なかったりする原因は、妊娠していない限りは女性ホルモンの分泌量が減少していることで発生すると言われています。

ホルモン分泌量が減少すると、生理不順以外に自律神経の乱れも生じてくる可能性があります。自律神経が不調になると、 冷えや頭痛などを引き起こすこともありますので、注意が必要です。

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスでコントロールされているのですが、この女性ホルモンが減るとバランスが乱れて生理不順以外にも自律神経が乱れたり、頭痛や冷え、更年期障害の症状など多くの症状が現れてきます。

生理が来ないのはホルモンバランスの乱れが原因?

女性ホルモンが乱れる原因には複数の要因があります。
月経不順の方は女性ホルモン分泌量に問題のあることが多いようです。

強いストレスや無理なダイエット、不規則な生活から睡眠不足だったり、偏った食事、また運動不足。更に喫煙や飲酒の習慣、卵巣や脳下垂体、甲状腺の病気、薬の副作用などが上げられるでしょう。

卵巣自体の問題や脳下垂体、甲状腺ホルモンの過不足の問題は病院にかかる必要があります。
生理が来ない場合、妊娠をしていなければ、ホルモンバランスの乱れが考えられます。

生活習慣の乱れ等から卵巣が正常に働かなくなり女性ホルモンの分泌量が減ったり、強いストレスや極端なダイエットの影響を受け視床下部や下垂体から卵巣に女性ホルモンを分泌する命令を出せなくなるのです。

女性ホルモンが正常に分泌されていない状態であれば、卵巣や卵巣に指令を出す脳の部分にトラブルがあるケースもあるようです。

女性ホルモンの分泌量が低下してしまうのは、生理を起こす卵巣自体にトラブルのあるケースが考えられます。
先に挙げた脳の部分もそうですが、甲状腺ホルモンの不足で卵巣機能に障害が起きていることもあるようです。また、疲れやストレス、冷えなどによって、卵巣が正常に動かなくなってしまうこともあるようです。

生活習慣の乱れが直接女性ホルモンの分泌に影響してしまうのですから、生活リズムを正常に戻していく必要があります。

女性ホルモンの分泌を正常に戻す方法とは?

ではこの女性ホルモン 増やし方や、分泌を正常に戻して、バランスを整えていくためにはどうすればいいのでしょうか?

まずはストレスを溜めない事、ゆっくりお風呂に使ったり、好きな音楽を聴いたり、好きな香りでリラック出来る環境を作る事です。

また規則正しい生活を心がける事、遅くまで携帯電話やゲームをして夜型の生活をしているなら12時までには就寝するように心がけましょう。

働いている女性においては、仕事の疲れや人間関係のストレスをためこんでしまうケースがあります。これらの原因を改めていくことが重要です。

運動不足の方は軽いストレッチやウォーキング、またヨガなどを行ってみると良いでしょう。

例えば女性ホルモンを増やす ストレッチをしたりヨガをしたり、笑顔を作るなどして血行を良くしていくことが大切になってきます。無理なダイエットをするよりも軽い運動をしたほうがキレイに痩せられるかもしれませんね。

ゆっくりぬるま湯につかるというのも効果的ですよ。

また甘いものを食べ過ぎず、食事のバランスを考えていくようにしましょう。無理なダイエットによる急激な体重減少は卵巣機能が低下して戻らなくなってしまう可能性がありますから要注意です。

分泌量減少の原因はひとぞれぞれです。症状も検査してみないと分からないこともたくさんあります。生理不順の原因について思い当たるところが無い場合は病気の可能性もありますから婦人科医の診察を受けるべきだと思います。

異常を感じたら、クリニックや婦人科に相談してみましょう。ときにはとても大きな病気が潜んでいるケースもあります。自己判断は危険ですので、自分で判断をせず婦人科で検査を受けて、生理が順調にこない原因をつきとめるのが必要です。

なかなか人に相談しづらい生理に関する悩み。簡単なセルフケアと同時に、気になる方は専門医で相談するのも安心ですね。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事