【優しく解説】卵巣ホルモンとは?脳下垂体からでるホルモンとは?

ボディーケア

卵巣ホルモンとは?

女性が毎日元気で過ごす。子供を産む。健やかに過ごす‥。
それは女性ホルモンの働きのおかげです。

女性にとってかけがえのないホルモンなんです。このホルモンがないと、妊娠や出産の経験ができないと言っても過言ではありません。

こちらでは、女性にとって大切な卵巣のホルモンや、脳下垂体ホルモンについてご紹介していきたいと思います。

女性ホルモンは、生理や妊娠、体の不調や心の不調などすべてに深い関わりを持っています。実は私たちの身体全体には100種類を超えるほどのホルモンがあると考えられています。

そしてエストロゲンと、プロゲステロン、この2つのホルモンを分泌しているのが卵巣です。卵巣に指令を出しているのが脳なのです。脳の視床下部が司令塔となってホルモンが分泌され、それが脳下垂体からさらに2種類のホルモンが分泌されます。

卵巣ホルモンの働き

ではまず、女性に欠かせないこの2つのホルモンの役割や働きを見てみましょう。

エストロゲンは子宮に作用します。受精卵を作る子宮内膜症を厚くしてくれる働きがあります。女性らしさを作りだしてくれるホルモンとして有名で、バストの発達や皮膚、骨、脳、自律神経などの働きにも大きく関係していると言われています。

このホルモンは思春期の頃から分泌量がどんどん多くなり、更年期になると減少してくると言われています。

プロゲステロンは、子宮内膜を受精卵が着床することが楽なように調整しくれ、受胎することが多いカラダを作り出してくれると評されています。また、体の体温を上昇させる働きがあり、妊娠したい時は分泌が続くと言われています。赤ちゃんが育ちやすい環境を整えてくれるということですね。

しかし、妊娠していない時は分泌量が減少します。いずれにしても、この2つのホルモンが非常に大切であることはよく分かりますよね。重要な役目をしてくれますので、少しでも異常を感じることがあればすぐに専門医に診てみらってくださいね。

脳下垂体前葉ホルモンとは?

脳下垂体前葉から出るホルモンとは?
私たちの身体には、いろいろなホルモンがあります続いては脳下垂体の前葉から分泌されるホルモンについてご紹介いたしますね!ぜひ、ホルモンケアの参考にしてみてくださいね。

脳下垂体の場所がどこにあるのか知っているでしょうか?
名前の通り脳にあるのですが、間脳視床下部にぶら下がっている内分泌腺が脳下垂体です。この前葉から分泌されるホルモンはたくさんあります。

成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン、ろ胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンがあります。小さな脳下垂体にたくさんのホルモンが存在しています。

脳下垂体前葉のホルモンの働き

本当にたくさんのホルモンがある脳下垂体ですが、いったいどのような働きがあるのでしょうか?それぞれ役割を見てみましょう。まずは成長ホルモン。名前の通り成長を促進してくれる働きがあります。

甲状腺刺激ホルモンは、ホルモンの再生と分泌を促してくれると言われています。このホルモンが出ると、代謝が活発になる働きを持っているそうです。

副腎皮質刺激ホルモンは、副腎皮質に働きかけてくれます。コルチゾールとアンドロゲンの合成を促進してくれるんですよ。プロラクチンは、乳腺細胞で乳汁の再生を促進してくれると言われています。

ろ胞刺激ホルモンや黄体ホルモンは、卵巣や精巣に作用するホルモンです。女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌を促進してくれるんですよ。

脳下垂体前葉の障害

脳下垂体の前葉は、様々な原因により機能低下症が起こります。原因は、それぞれのホルモンの分泌低下が原因で起こりますが、だるさや疲れ、血圧の低下などいろいろな症状を引き起こします。

このような場合は、ホルモン補充療法で治療をすることができます。保険の適用も認められるようになってきましたので、もし気になることがあれば、専門の先生に相談してみてください。

脳下垂体中葉ホルモンとは?

脳下垂体には、脳下垂体前葉、脳下垂体中葉、脳下垂体後葉があります。今回は中葉について調べてみました。中葉にもホルモンがあり、私たちの身体にとても大切な働きをしてくれると言われています。

いったいどのような働きがあるのでしょうか?

脳下垂体中葉の働き

脳下垂体には、意外と知られていないのですが、中葉という場所があります。この中葉から産み出されるホルモンは、インテルメジンと称されています。メラニン細胞刺激ホルモンというホルモンが分泌いただいており、カエルの体色調節に結びつきが濃いとのことです。

身近な生き物カエル。そのカエルの中でもアマガエルは、カメレオンみたいに体色変化するのをご存じですか?緑の葉の上にいるときは緑色に、落ち葉の上にいるときは茶色にと変化することができます。これは敵から身を守るために備わっているのですが、この体色変化に脳下垂体の中葉が関係していると言われています。

このインテルメジンと呼ばれるメラニン細胞ホルモンは、今から1世紀も前に発見されました。先にアマガエルの話をしましたが、人の身体の中でこのメラニン細胞ホルモンが働くことはあまりありません。

体色変化する両生類や爬虫類にとっては重要なホルモンとなっています。
しかし中葉に関しては具体的な働きがあまりわかっていません。

ですので、私も今一度いろいろ調べましたが、あまり詳しいことが書かれているものが見つからないのが現状です。前葉や後葉はきちんと働きが分かっています。

中葉のホルモンは視床下部ホルモンによって分泌調整を受けていて、細胞内でメラニンの分泌を促進させるという働きは分かっています。日本の医学は年々進歩してきていますので、きっと前葉や後葉のようにしっかりと中葉の働きが分かって、何か医学的に活かされる日が来ると良いですね。

脳下垂体後葉ホルモンとは?

私たち人の身体はまだまだ謎だらけです。特に脳は不思議がいっぱいですよね。脳下垂体には前葉、中葉、後葉があります。それぞれ分泌されるホルモンがあり、私たちの体に様々な働きをしてくれます。続いては脳下垂体後葉ホルモンについてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

脳下垂体後葉からは、オキシトシンと、そしてバソプレシンが形成されています。一般的には、下垂体後葉から分泌されるホルモンと言われていますが、実際はそうではないんです。

視床下部の視索上核、室傍核という神経細胞でホルモンが再生されているんですよ。そして再生された後は軸索をとおって後葉にためられていくのです。そして血管へと分泌されていきます。

脳下垂体後葉ホルモンの働き

それでは、脳下垂体後葉ホルモンのバソプレシンの働きをご紹介いたします。このホルモンは、腎臓の集合管細胞V2受容体と呼ばれるものに結合します。そして水の再吸収を促進してくれると言われています。これで体内の水分が維持されているんですよ。また、もう一つのホルモンであるオキシトシンの働きは、乳腺の平滑筋を収縮させて乳汁を分泌させる働きをしています。

また、子宮の平滑筋を収縮させて分娩の進行を早めるという働きもあります。この2つのホルモンは私たちの身体で非常に重要な役割を担っています。

特にバソプレシンの分泌量が不足していると、尿量が低下して尿崩症となる可能性があります。尿崩症とは、以上に大量の脳を排出する病気です。このような病気の場合は、治療薬を点鼻することで治療ができます。また、脱水症状に見舞われる可能性がありますので、十分な量の水を飲んでおくことも必要です。

女性にとって、妊娠や出産などをつかさどる大切なホルモンが分泌される場所でもあるため、とっても重要な役割の部位になります。子宮や卵巣だけではなく、脳から分泌されるホルモンも重要だということは今一度よく知っておくと良いですね。

CHECKこちらもおすすめ!

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事