基礎体温測ってる?出産の為だけじゃないよ!体調管理にも大事なこと。

ボディーケア

基礎体温ちゃんと測っていますか?


ちなみに猫の体温は38℃~39℃もあるんです(余談)。

「基礎体温」という言葉。女性であればまず聞いたことがあるかと思います。では、基礎体温とはいったい何でしょう?と聞かれると「妊娠を望む人が測るもの」というイメージが思い浮かんだあなた。ぜひこのページをチェックしてみて下さい。

基礎体温は、妊娠を含め女性の体の好調と不調を知る上での、目安となる指標の一つなのです🔍。

基礎体温の測り方から‥

発熱や体調が悪いときに体温を測る場合は、脇の下に体温計を挟んで計測します。しかし、基礎体温は体温計を口の中に入れて計測します。
口の中の温度をを計測することで、気温や汗に影響されることなく基礎代謝が計測できるからです。
正確に基礎体温を測るためにとても大切なのは「朝、起きた直後に計測する」「毎日同じ時間に計測する」「体を動かす前に計測する」という3項目といわれています。

これは、一番安静した状態の体温が計れるという理由からです。
気温、湿度、時刻すべて同じ条件の下での体温を計測し続けることで、女性ホルモンの動きを観察するためなのです。

基礎体温を計測したら、毎日の記録を基礎体温表に計測します。昔は「基礎体温表」と記載されたグラフ用紙のような表に毎日の記録を記載していましたが、最近ではPCやスマートフォンを利用して記録を保存できるサイトやアプリもたくさんあるようです。

基礎体温のグラフの見方を知ろう

毎月の生理開始日を一日目として計測していくと、グラフは前半部分が低い数値を推移し、ある日を起点に上昇した後は高い数値へと変化します。
このような線を描いているときは、ホルモンバランスがとれている状態だということがわかります。

月経開始から排卵日にあたる基礎体温表の前半部分は「低温期」といわれています。エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発な低温期は体調、心身ともによい時期だといわれています。
何か新しいことを始めるときには、低温期だと継続しやすく良い結果につながりやすいといわれています。ダイエットは、低温期に始めると成功しやすいとも言われています。

低温が続いた時期から高温に変化する起点となるのは排卵日です。排卵日の後、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になると高温期に入ります。高温期には、体調不良を起こしやすくイライラしやすいという生理前に起こりやすい症状が出やすくなるころです。

生理日の一週間前ころには肌荒れが起こりやすくなりますので、新しいスキンケアアイテムを試したり髪のカラーリングやパーマはできるだけ避けた方がよいとされています。また、非常にむくみやすい時期なのでダイエットを始めてもなかなか良い結果が出にくいとも言われています。
基礎体温を計測し続けることは、自分自身の体調の良し悪しを自分自身で把握するためにとても大切なことだといえるのです。

イライラの原因が見えてきませんか?

「完璧主義」「周りのことがよく見えている」「物事をサラッと流せない」「相手に対する理想が高い」「自分に厳しい」
この5つは一般的にイライラしやすい人の特徴だそうです。

物事にこだわりやすく、論理的思考が強い男性に対して、環境適応能力が高く細かいことに気が付きやすく感情の変化が早い女性の方がイライラしやすいとも言われています。

仕事、人間関係、自分を取り巻く環境などに細かく気が付きやすいことが多いために些細な変化を敏感に感じ取りやすいので、ちょっとしたことに対してもイラッとしてしまうことが確かに多いように感じます。

このような条件に加えて、ホルモンバランスが原因で女性はイライラしやすくなりがちだともいわれています。
女性のライフサイクルは、生理や女性ホルモンの分泌等で体調の好調不調が交互に起こります。

キラキラ期とドンヨリ期

生理が終わってからしばらくの間は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発な時期で基礎体温表では「低温期」と呼ばれています。

最近では低温期のことを「キラキラ期」と表記しているサイトもあります。心身ともに充実して新しいことを始めるには一番適しているとも言われています。

排卵日が近づき基礎体温が上がる高温期に入ると、エストロゲンに代わってプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。この時期は「ドンヨリ期」。プロゲステロンは、本来妊娠を継続させるために水分をため込み体温を上げる働きを持つホルモンです。水分をため込みやすいことが体のむくみやすさを引き起こし、体温を上げる働きがほてりを感じやすくなるという結果も招いてしまうのです。

さらに、精神的にも不調を感じてしまい些細なことでイライラしやすくなってしまいます。こうした症状は20代や30代ですとPMSの症状の一つであるといわれています。そして40代に差し掛かるとPMSの症状である可能性に加えて、更年期障害の一つであるということも考えられます。

まとめ

ホルモンバランスの乱れから起こるイライラ時期は、大体いつ頃起こってしまうのかということを自分でチェックできるものの一つが「基礎体温表」です。基礎体温は、一番安静な状態で計測する体温です。基礎体温を生理日を起点として毎日計測していきますと、自分自身の低温期と高温期がいつ来ているのかという目安がわかりやすくグラフ化されます。

「何となくイライラする」よりも「自分自身が高温期に入っているからちょっとイライラしやすくなっているのかな?」と考えた方が、感情のコントロールがちょっとだけできるようにもなりますね。
周りの方にご迷惑をおかけすることも従来よりも少なくなることでしょう。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事