若年性更年期障害は治るの?症状は?悪化させない為のセロトニンケアや改善策!

ボディーケア

女性の辛い悩みには、ホルモンが関わる問題が多いですよね。代表的な症状が更年期障害や、自律神経が関係すること。体調、美容面だけで精神的に落ち込んだり、やる気が出ない、ずっとカラダやメンタルが乱れ辛い‥などが挙げられます。

若年性更年期障害についても、テレビや雑誌などで耳にすることが増えたのではないでしょうか?

近年深刻化しているのが、若年層でも起こりうる、若年性更年期障害という症状です。これは加齢以外の要因で、ホルモンバランスが崩れてしまって起こるのですが、その原因は様々なようです。いくつかあげてみますと、仕事等の強いストレス、不規則な生活や夜更かしなどから十分な睡眠が取れなかったり、極端なダイエット等からくる食生活の乱れ、運動不足など思い当たる事ありませんか。

また人によっては胸が小さい悩みとか、生理不順や不妊などなど‥、ホルモンバランスの乱れから起こる女性特有の症状って、非常に数多くありますよね。

若年性更年期障害とは?また予防方法はあるのでしょうか?ご紹介していきます。

若年性更年期障害の症状とは?

女性ホルモンは、20代~30代をピークとしてどんどん減少していきます。またこの頃は女性は結婚や妊娠、出産と女性の環境はどんどん変化しますよね。

やっと子育てがひと段落したり、仕事に復帰したりする40代の頃には更に女性ホルモンも減少していき、一般的に50歳前後の閉経近くなると更年期症状を発症する女性は多くいるのです。
しかしながら近年では40歳前後、さらには30際前半でも発症する場合もあり、要注意です。

通常の更年期障害の原因は、加齢によって卵巣機能が衰退し、その結果卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少する事です。女性ホルモンの低下が原因と言われています。

そして、女性ホルモンのバランスが崩れる事から起こるのですが、その症状は色々あると言われています。ホットフラッシュと言われる火照り、頭痛やめまい、手足の冷え、疲れや倦怠感、むくみ、動悸、イライラや情緒不安定などがあげられますね。

症状が重い人は、「うつ」になる方も珍しくは無いので、女性にとっては深刻な問題なのです。

若くてもホルモンバランスの崩れが原因に

若いうちは少しくらい夜更かしが続いたり、仕事が忙しくて不規則な生活が続いても平気だったけど、年齢を重ねると無理が利かなくなりますよね。

10代や20代前半の若い頃と比べると30歳代でも、そもそも代謝も悪くなっていくものです。そして40代~50代女性は、更に加齢によって卵巣の機能が衰退していき、エストロゲンの分泌が減少する事が原因となって、ホルモンバランスが崩れて更年期障害を発症します。

人によっては更年期の症状をそれほど感じず過ごせる方もいれば、辛い数年間を過ごしたと言う人もいますよね。精神的にも不安定になって、まだ若くても、更年期うつと呼ばれる症状まで現れる場合もあります。

加齢は誰にでも平等に訪れますが、少しでも元気で過ごす為には、どのような若年性更年期の予防ケアや、また対処方法があるのでしょうか。

若年性更年期障害は治るの?効果的な改善策

若年性更年期の症状の予防、またもしその症状が現れた際、緩和するには、どうしたらよいのでしょうか?

まず更年期障害の予防法とは、やはりライフスタイルを見直す事から始めるべきです。最近では骨盤矯正法や最新治療などの対処法も目にしますが、まずは何と言ってもホルモンバランスを整える事を考えていく必要があります。

女性ホルモンもエストロゲン成分を、ただ外から補えばよいのではなく、やはりバランスが大切なのです。

基本的な予防には、適度な運動と十分な睡眠、そしてバランスのとれた食事をして精神的、肉体的にも健やかなカラダを目指すことと言われています。

そうは言っても、日々忙しくストレスは溜まりがち。。まずは少しずつ出来ることから始めてみましょう。

今日から簡単にできる!若年性更年期障害のセルフケア

若年性更年期の緩和のためだけでなくても、ホルモンケアは健康であっても非常に大事なこと。

簡単なストレッチやウォーキングなどの有酸素運動は、成長ホルモンを刺激します。家でデレビを見ながら気持ちよくストレッチまた、一駅分歩いてみる事から始めては如何でしょうか?

軽めのダンベルなどを用意し、ちょっとした筋力トレーニングも良いです。成長ホルモンの分泌量の増量に関係しており、適度な運動をする事で酸素や栄養素の増加、質の良い睡眠につながり、間接的にホルモンバランスを整えると解説されてもいます。

またホルモンバランスを整えるにはビタミンB6や亜鉛、マグネシウム、オメガ3脂肪酸などが役立つ栄養素と言われています。女性ホルモンに似た働きのある、大豆イソフラボン等も有名ですよね。

甘いものや油っぽいものの摂取しすぎは、体重増加や病気にもつながります。健康に気を使って、食事から女性ホルモンを上手に増やすようにしたいですね。ここからはさらに具体的な、若年性更年期障害の緩和する方法についても、ご紹介していきます。

🔻こちらも読まれています!

ストレスや食生活などライフスタイルの見直し

更年期障の症状を感じる時期や、症状の現れ方は個人差がありますが、加齢によってエストロゲンが減少していくのは、誰にでも起こる事ですね。

加えてそれぞれの生活環境等によっては、早いうちから更年期に似た症状が出ることを若年性更年期と呼びます。その様な症状が近年とても増えています。先述しました様にライフスタイルの見直しを行い、不快症状を和らげたり治していくことも可能です。

まずは自身の生活スタイルを少し振り返ってみることから始めましょう。また、恥ずかしさや忙しさを理由に、不調を放っておくのは良くありません。無理をせず信頼できるクリニックの先生等に相談しながら改善していく事も大事なんです。

ストレスのケア

女性の環境は結婚、妊娠、出産、子育てと忙しく、現代では更に仕事を持っている女性も多くいますね。頑張って働いてきて、子育てが少し楽になった頃には会社での立場も責任のあるものになっていったり‥。知らず知らず仕事の強いストレス、子育てのストレス等をそのままにしていませんか?

強いストレスは、ホルモンバランスを乱す原因となりやすいので、疲れたと思ったらしっかり休むこっと。また、アロマなど好きな香りでリラックする出来る環境を作る事も必要なのです。

自分の好きな香りで構いませんが、特におすすめなのはラベンダーやゼラニウムなどの精油。相性の良いオレンジや、カモミールなどを使って、リラックスタイムやバスタイムに香りを愉しみましょう。
気分転換だけでなく、ストレス解消に役立つ香りです。

食生活や運動

食生活の改善でホルモンバランスの乱れを整えるケアを行いましょう。
和食を中心としたバランスの良い食事を心がけてください。食生活の乱れも、更年期障害に深く関わる、ホルモンバランスの乱れと直結しているのです。

脂質や糖質の摂取しすぎは、代謝機能が低下している女性には、すぐにカロリーオーバーになり体重増加につながります。食事の中でも緑黄色野菜やナッツ等でホルモンバランスを整え、ビタミン群やミネラルなどバランスの取れた食事をこころがけてほしいのです。

また自分になかなか手をかけられない年齢ですが、ウォーキングなどの有酸素運動を行うようにしていきましょう。有酸素運動は自律神経に良い影響を与え、内臓の働きも活発にしていくことが出来るのです。健康的に年齢を重ねていけるようになって、どんどん楽しい生活を送りたいものですね。

セロトニンを増やす方法

更年期障害は、閉経前の女性の多くに発症する症状と言われ、程度の違いはありますが、何かしら不調を感じる場合が多いと思います。

一般的に卵巣の機能が衰える事から、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが乱れ自立神経に影響を及ぼすと言われます。

個人差があるので殆ど症状を感じない人もいますが、更年期やまた若年性であっても、多くの方の症状はイライラや倦怠感、ホットフラッシュ、冷え、めまい、頭痛やむくみなど等が見られます。

また、この若年性であれば30~40歳でも発症します。この時期は自分を取り巻く環境が変わったり、仕事をしていれば仕事の疲労も大きくなってくる時期。バリバリ仕事をこなしているような女性は、役職もつき多忙な方が多いのではないでしょうか?

また50歳前後の更年期であれば夫の定年や介護など強いストレス等も加わり、症状を更に悪化させてしまったリするのです。場合によっては、更年期うつになってしまう方も少なくありません。

エストロゲンの減少による生活習慣病とは?

エストロゲンの減少は更年期障害以外にも、骨粗鬆症や動脈硬化など生活習慣病のリスクも高まっていくのです。早めに自身のライフスタイルを見直して少しでも元気に若々しく生活していくにはどうしたら良いのでしょうか。

そもそも、更年期うつやイライラなどが発生する原因として、エストロゲンの分泌低下からくるセロトニンの減少、男性ホルモンであるデストステロンの増加などが影響していると言われています。セロトニンは別名を「幸せホルモン」と呼ばれる脳内物質で自律神経に働きかけて興奮や快楽に関係するドーパミンと不快感に関係するノルアドレナリンのバランスを整えてくれる役割を持っています。

セロトニンの減少でうつ病にもなりやすい?

加齢や強いストレス、また不規則な食生活や睡眠不足などが続くとセロトニンが生成されず、ホルモンバランスを崩すきっかけにもなってしまうのです。セロトニンの減少は不安や焦燥感など精神に関わる疾患になりやすく、うつ病の原因になる事はよく知られています。

また、身体の疲労にも深く関わるとされています。それではこの物質を増やす為にどのように改善していけばよいのでしょう。

セロトニンを増やす具体的なケア



セロトニンは生活習慣を見直して規則正しい生活を送り、短時間でも日光浴をする事で増えるとも言われています。ですので、お日様の下でのウォーキングや、散歩などの適度な運動や、軽く泳ぐ事はとても効果的と言えるでしょう。

強いストレスをずっとうけている状態が続くと、セロトニンの減少につながるので、リラックスできる音楽を聴くとか、好きな香りのアロマでリラックス出来る時間を作る事も有効であると言われています。

また、ブラックチョコレートに含まれるポリフェノールの一種がセロトニンを増加させるとも言われています。疲れたと感じた時はチョコレートを摂取してみては?

PR休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe

運動・体を動かすことの大切さ

更年期障害を乗り越えるには、規則正しい生活習慣と、健康的な食生活が欠かせないと言われますね。ストレスを溜めない、睡眠を十分にとる事が大切です。

また女性は骨粗鬆症になりやすいので、意識的にカルシウムやビタミン群を摂取する事も大切。年齢的にも代謝が落ちて体重が増加しやすいので、男女共に動脈硬化や高血圧、糖尿など生活習慣病も気にしなければいけませんよね。

全体的な生活習慣の見直しは、必要になってくるのです。その中でも特に意識的に行ってほしいのは、やはり軽い運動などで体を動かすことですね

今まで仕事や子育てなど忙しく、なかなか定期的な運動が出来なかったと言う人は多いのではないでしょうか。ジムなどに通わなくても、適度な運動で十分なんですよ。

運動で免疫力がアップ?

栄養や十分な睡眠の他に、運動することも疲労回復方法の一つなんです。特に身体的な疲労だけではなく脳疲労、精神的疲労、病的疲労などの回復効果があるんだとか。

運動によってセロトニンやエンドルフィンを増やしてくれて、免疫力を高めると言われます。セロトニンは幸せホルモンと言われていますし、エンドルフィンは身体の鎮痛剤としての機能以外にも幸福感をもたらしリラックス効果があると言われているんですよ。ストレスが軽減される事により、ホルモンバランスを崩す原因となるものが減少すると言う事なのです。

また40代以降の男女共に成長ホルモンが激減し、男性の場合はテストシテロンの減少から、若年性の更年期症状に棚がってしまうことも。成長ホルモンを増やすには、有酸素運動や無酸素運動いずれも有効なんだそうです。

どのような運動が更年期予防に?

更年期に入る前から定期的な運動を心がけて、予防していく事が大事なのですが、どんな運動が良いのでしょうか。まずは有酸素運動のジョギングとかウォーキングなどで十分。20~30分位、天気に良い日中にお散歩のつもりで始めるのも良いかもしれませんね。

セロトニンは日光浴でも増えると言われています。膝などに痛みがある人は、水中ウォーキングなどでも良いでしょう。更年期予防と言われている、肥満防止になります。

筋トレやマシンは?

また筋トレなどの無酸素運動も、筋力アップで基礎代謝量を上げる事につながります。
若いときに比べて年齢を重ねると、足腰から弱ると言われますよね。ゆっくり自分のペースでスクワットを始める事は足腰の強化、結果的に基礎代謝のアップにつながるので、今からでも始めましょう。

ストレッチなどは、血流やリンパの流れを促す効果があります。体全体のコリを解す事で、リラックス効果があると言われますよね。寝る前に軽いストレッチを行って質の良い睡眠をとる事も更年期予防になるのです

アロマや好きな音楽を聴きながらなど自分のペースで継続できる方法を見つけ、ライフスタイルそのものを見直してみましょう。

アルコールは更年期障害の予防?悪化?影響について

アルコールの摂取は、更年期障害予防に影響はあるのでしょうか?

お酒は多少であれば百薬の長を言われるとおり、適量なら体に良いとさえされていますよね。仕事での付き合いや自宅での晩酌などお酒の飲み方も色々ありますが、更年期とお酒って関係があるのでしょうか

更年期と言えば、閉経前後の女性に見られる症状で女性ホルモンであるエストロゲンの減少やストレス、生活習慣の乱れ等からくるホルモンバランスの崩れや、精神的に落ち込む症状でよく聞かれますよね。

最近では若年性の症状や、男性にも更年期があると言われており、男性も女性も身体的にも取り囲む環境も含めて変化や重圧の多い時期なのかもしれませんね。

更年期の時期はアルコールを控えた方が良いのでしょうか?
更年期障害やストレス、不規則な生活等でなかなか寝付けず、不眠が続いたりすると、交感神経と副交換神経のバランスが崩れ更に不調が襲ってくる事もあります。

眠れないからアルコールを飲むようになったとか、量が増えたと言う方も多いようですが、アルコール自体が悪いわけではないのですが、エストロゲンの減少している時期はアルコールの体制が弱くなると言われるのです。

女性は男性よりもアルコールの血中濃度が上昇しやすく代謝も弱いので、依存症になりやすいと言われているんだそうです。アルコールでストレスを発散したつもりが、酔いから覚めて更に落ち込んでしまうという悪循環にも陥りやすいので、アルコール摂取はあくまでも適量をまもる事がとっても重要なんです。

出来るなら更年期の時は、アルコールはなるべく控えるよう心がけたほうが安心です。寝付けずに辛い症状がある場合は無理をせず、周囲に相談したり、専門医に相談して治療を行うようにする事が、更年期から脱出する近道かもしれませんよ。

まとめ

女性の場合の若年性更年期障害は、卵巣機能が衰えてくる事から、エストロゲンの分泌が減少して起こります。

症状としては個人差が非常にあるので殆ど気にならない人もいれば、倦怠感や手足の冷え、頭痛やのぼせ、ホットフラッシュ、また精神的な落ち込みや不安感やイライラなど、精神的な不調から「更年期うつ」を発症するほどの人もいます。

更年期の症状なのか「うつ」なのか判断も難しいと言われていますので、軽く考えずに出来るだけ早めに専門のクリニック等を受診する事をお勧めしたいですね。

特に非常にまじめな性格だったり、仕事熱心で今まで来た人、責任感の強い人などは強いストレスを受けやすく注意が必要です。

ー あなたにおすすめの記事 ー

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事