【入門】ホルモン剤の種類について分かりやすく教えて!

ボディーケア

ホルモン剤っていったいな~に?

婦人科系の病気は、最近テレビでも芸能人の方がよく告白をしています。病気には様々ありますが、一般的に婦人科系の疾患を治療するためには、ホルモン剤を使用することが多いのです。

そして、そのホルモン剤にもたくさんの種類があります。どのようなものがあるのかを知っておくことで、きっといざという時に役に立つはずですね。

では、女性の疾患を治療してくれると言われているホルモン剤とは一体何なのか?そこからご案内していきたいと思います。

ホルモン剤とは一言で言えば、女性ホルモンが配合されている薬なのです。女性らしい体つきを作ってくれるエストロゲンと、妊娠をするためには必要不可欠なプロゲステロンの2つがあるのは有名ですね。

生理や月経、妊娠などに女性だけの体の特徴をコントロールしてくれており、ホルモンバランスが乱れてしまうと身体に様々な不調をきたしてしまいます。その不調を治すために、ホルモン剤が使われるのです。

ホルモン剤の種類とは?

女性ホルモン剤は、不調の原因によって使用されるものが違ってきます。どれもホルモンバランスを調整する役目があることには変わりありませんが、使う種類によって効果は異なってきます。

例えば、ホルモン補充療法で処方されるホルモン剤はエストロゲン剤です。その中でも、エストラジオールという成分のホルモン剤が一番よく使用されています。皮膚に塗るタイプや貼るタイプなど色々あります。

また、エストリオールという成分。一番弱いホルモン剤ですので、最初に使うのに試して頂きやすいと言えます。更年期障害の症状改善などに効果があり、内服薬や注射などで治療できます。さらに、プレマリンというホルモン剤も最近よく使用されるようになってきました。

更年期障害はもちろん、エストロゲンの分泌量低下に伴う症状全般に効果が期待できます。ただし、気を付けたいのは副作用です。必ずしも全員に副作用があるとは言えませんが、直接投与することから、様々な副作用に見舞われる可能性もあります。

そのことを理解したうえで、お医者さんと相談しながら処方してもらうようにしてください。では代表的なホルモン剤の種類を見ていきましょう。

クロミッド(セロフェン)とは

近頃は晩婚化が進み、高齢出産も増えています。その影響か、雑誌やメディアでも不妊治療の話題をよく目にするようになりました。不妊症の改善にはホルモン剤を商法されます。

その中でも特に使用頻度が高いものが、クロミッドという薬なんです。いったいこのホルモン剤はどのように私たち女性の体に働きかけてくれるのでしょうか?

セロフェンはホルモン剤の1つで、クロミフェン酸塩という成分を主成分とする排卵誘発剤です。今や珍しいものではなくなってしまった不妊治療ですが、これは自分で排卵することができなくなってしまった女性、または妊娠するために排卵の日をコントロールしたい場合に使用される薬の1つです。

ですので、これまで妊娠したくてもなかなか出来なくて悩んでいた女性で、このホルモン剤のことを知らなかった人は、今日知ったことで少しでも前を向いて歩めるきっかけになるのではないでしょうか?!

クロミッドとセロフェンって違うの?効果は?

排卵誘発剤として使用されるクロミッドやセロフェンですが、実は少し違いがあるとしている話もあります。しかし、根本的に主成分はどれもクロミフェンですから効果もどれも同じです。

ただ、製造している会社によっては、他に含まれている成分に違いがあることから、クロミッドとセロフェンは違うものとして取り扱ってしまう場合もあるようです。

そして、このホルモン剤の効果ですが、それはこれまで話してきたように排卵誘発剤ですので不妊治療に効果的です。卵胞刺激ホルモンの分泌を促してくれます。
継続して服用することで、自然に排卵できるようにしてくれるのです。副作用としては、セロフェンの服用で多少生理周期がずれたりすることもあるようですが、これは排卵誘発のためですので、副作用とはいえません。

気を付けたいのは、卵巣過敏刺激症候群です。発症率は非常に低いですが、念のため注意が必要です。また、頭痛やむくみが現れた場合も、お医者さんに相談することをおすすめします。

いずれにしても、妊娠をサポートしてくれるホルモン剤ですので、高齢出産の現代にとって非常にありがたい処方薬です。副作用も注意しながら常日頃から、規則正しい生活も心がけておくようにしましょう。

セキソビットとは


CHECK次世代型ミトコンドリアサプリ

赤ちゃんがほしいと望みながらもなかなか出来なくて悩んでいる女性は、不妊治療に通っているケースが多くみられます。その際、排卵誘発剤を処方され、排卵を誘発することで妊娠へとつなげてく治療法が一般的です。

その経口薬としてセキソビットというホルモン剤が使用されることがあります。このホルモン剤のメリット、デメリットについてお伝えしていきたいと思います。

妊娠できなくて不安に思っている女性の特徴として、月経不順や無月経などの排卵障害を抱えています。排卵障害の治療で使用されるのが、排卵誘発剤になります。不妊治療と言えば、よく聞く治療法はタイミング療法です。

この治療法を1年以上近く続けて効果がない場合はホルモン剤を投与して治療にあたります。

これで自然妊娠が可能になりやすくなるのですよ。誘発剤には注射や経口薬があります。それぞれ目的によって使い方は異なりますが、その中でもセキソビットは経口薬に当たります。このホルモン剤を使うことによって、普段よりも質の良い卵を排卵することができると言われています。

セキソビットの効果やメリットとは?

排卵誘発剤として使用される代表的な薬であるセキソビットにはいったいどのような働きがあるのでしょうか?これまでお話した通り、排卵を促す薬ですが、排卵障害の症状が軽い人に使われることが多いようです。

抗エストロゲン作用がなく、副作用も起きにくいと言われています。しかしその分、卵の生育に時間がかかるとも言われています。

メリットとして挙げられるのは、抗エストロゲン作用が少なく、副作用も少ないということ。
反対にデメリットは、排卵誘発効果がクロミッドよりも低いこと、薬を飲む回数が増えるということが挙げられます。やはり、ホルモン剤を使用するということはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

それをきちんと理解したうえで使用することが大切です。また、大切なのはお薬が自分に合うかどうかということです。夫婦ともに協力して、しっかりと知識を持って臨むようにしてくださいね。

ルトラール黄体ホルモン剤とは

私のお友達も結婚して5年以上経ちますが、まだ子供はいません。ほしいほしいと思っていながらなかなかできないでいます。不妊治療を・・・とも考えたことは何度もあるそうですが、まだ踏み切れずにいます。

不妊治療は今や珍しいものではなく、治療を受けている女性は多いと言われています。しかし身近になったとはいえ、やはり不安な点も多いようです。まだまだ知識が必要だと言っていました。

続いては治療に使われるのはホルモン剤のその1種、ルトラールというものです。妊娠しやすい身体つくりをサポートしてくれるのですが、効果や副作用はどのようなものなのでしょうか?

女性の体には、2つのホルモンがあります。卵胞を成熟させる働きをもつ卵胞ホルモンであるエストロゲンと、妊娠しやすい身体つくりに作用してくれる黄体ホルモンであるプロゲステロンです。

この2つのホルモンがバランスよく分泌されることで、月経周期を作っているんですよ。

しかし、このバランスが乱れてしまうと、月経周期も乱れてしまい不妊症になってしまう可能性があるのです。このような状態になってしまうと、何よりもホルモンバランスを整えることが大切です。この作用に一役かってくれるのがルトラールなのです。不妊治療薬として定評があり、黄体ホルモンを補充することを目的としています。

ルトラールの効果について

ルトラールは不妊治療薬だとお伝えしましたが、詳しくはどのように私たちの体に働きかけてくれるのでしょうか?

そもそも黄体ホルモンが不足してしまうと、女性の体には様々な不調が現れてきます。無月経であったり、月経周期異常症などです。このような月経異常で悩んでいる方にはルトラールがおすすめと言われています。

その理由は黄体ホルモンに働きかけてくれるため、卵巣の機能不全が原因の不妊症を改善し、妊娠の確立を高めてくれる効果があるのです。

ルトラールは経口薬ですので、1日の摂取量も決まっています。ただし、服用する量は症状によって異なってきますので、黄体ホルモンの不足具合によって多く服用しないといけない場合もあります。

飲み続けているうちは、つねに基礎体温が高温状態が続きます。そして飲まなくなってしまうと数日後には生理がきます。人工的に高温期を作り出しているので、お医者さんの指示に従って服用することが大切です。

では、そんなルトラールには副作用はないのでしょうか?個人差もありますが、血栓症が現れるリスクがあるとも言われています。確率はとても低いですが、知識としてもっておいた方がいいと思います。

他に気になる症状が現れた際も、お医者さんにすぐに相談するようにしてくださいね。そして1日でも早く妊娠できる体作りを目指しましょう。

排卵誘発剤とは

女性であれば、結婚して自然妊娠したいという気持ちがありますよね。しかし、今の時代は結婚の年齢も遅くなってきており、妊娠・出産においては何か医療の力を借りないと難しいという人も増えてきています。

不妊治療にはたくさんの種類の薬がありますが、一番よく使用されているのが排卵誘発剤です.

女性が不妊になる原因はいろいろあります。一番ポピュラーなものはやはり、無月経や月経周期異常症などの排卵障害です。

誘発剤にはいくつか種類があり、処方の仕方は内服薬と注射があります。卵の数を増やして妊娠する確率を高めてくれたり、体外受精の際に採卵する卵子の数を増やしてくれたりする働きもあります。

内服薬は注射に比べて副作用が少ないと言われていますが、その代表的なものがクロミフェン製剤です。注射の場合は筋肉注射で、卵巣を直接刺激してくれる働きがあります。効果が高い分、副作用の危険性も高まるリスクもあります。

クリニックなどで診察を受けた際、お医者さんにもよると思いますが、最初はタイミング療法からスタートして、それでも妊娠に至らなければホルモン剤を飲み繰りから試してみるケースが多いのではないでしょうか。

排卵誘発剤の効果は?

卵巣を間接的にも直接的にも刺激してくれる働きがありますので、排卵を起こしてくれる可能性が非常に高まるという効果があります。排卵障害があってもなくても、確実に排卵を起こす確率を高めてくれるのです。

ホルモンバランスを安定させることができます。しかし、やはり直接体に働きかける分、副作用の可能性が高いのも気を付けておきたいところです。
危惧されているのは、卵巣過剰刺激症候群や多胎妊娠です。飲み薬や注射をすることによって、確率はグッと上がります。

また、卵巣が大きく腫れてしまった女性もいるようです。副作用が起こることは本当にまれだとは言われているものの、知っておいた方が良い情報だと言えます。

しかし最近では副作用が起こった場合の対策も講じているクリニックが増えてきていますので、より安心して相談・治療できる環境になったと言えます。

不妊治療にはなくてはならない薬になっており、高齢出産が増えてきている時代ですから、使用回数も増えてきています。リスクもきちんと把握した上で、医者の話を聞いて服用することが何より大切だと言えます。

ピルにはどのような効果があるの??

ピルと言えば、避妊用の薬と言うイメージがありますよね。もちろんそれも正しい情報ですが、ピルの効果はそれだけではありません。女性にとって知っておくべき効果がもっとたくさんあります。

正しい方法で使用することで、たくさんの女性の悩みを解決してくれる薬です。みなさんに正しい知識をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

ピルとは、経口避妊薬のことを言います。昔は中用量ピルがよく使用されていましたが、これはホルモン量が非常に多いため、今では低用量ピルが一般的になっています。低用量はホルモン量も少なく、身体への影響も少ないと言われています。エストロゲンとプロゲステロンの両方を合わせた薬で、レディースクリニックで主に処方されています。

日本ではピルの知識はみなさん乏しく、性交渉によって妊娠を防ぐことができるという考え方が根強くあります。男性ではなく、女性が避妊用具使って避妊できる薬なのです。

正しく使えば100%避妊できると言われていますので、きちんと正しい使い方ができるようにお医者さんと相談するようにしてくださいね。

ピルの効果とは?

実はピルには、避妊以外の作用も期待されています。生理を止めてホルモンバランスを整えてくれる効果がありますので、避妊以外に治療にも使用されます。例えば、生理不順や月経前症候群であったり、ひどい生理痛も和らげてくれる働きがあるのです。

また、今女性特有の病気で増えてきている子宮内膜症や、子宮ガンなどの改善にも効果が期待されています。ピルを服用することで、体のホルモンバランスがリセットできるという点で、婦人科系でも処方されることが多いのです。

低用量ピルは、1日1錠と決められています。生理の開始時期から飲み始めるのが基本の飲み方です。だいたい服用を始めてから1週間くらいで効果が出始め、継続して服用していれば常に避妊効果が得られます。

では、飲み忘れたときはいったいどうなるのでしょうか?また生理が来るのでしょうか?

もし、飲み忘れてしまったときは24時間以内であれば大丈夫で、忘れたと気付いたときにすぐに飲むようにしてください。避妊だけではなく、婦人科系の病気にまで効果が発揮されるピルの効果。近年話題に上がることも多いので、知っておくと良いでしょう。

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事