閉経はいつ?更年期は?不安になる前に知っておきたい基礎知識

ボディーケア

閉経前の症状について知っておきましょう

女性ホルモンの分泌が、下降傾向に差し掛かる時期が更年期です。初潮迎えて以降、順調に分泌を続けてきた女性ホルモンは、40代に差し掛かるころから卵巣機能の低下に伴って、分泌も次第に減少を始めていきます。

それに伴い様々な体の不調が現れてくることを、更年期障害と呼びます。その症状の軽い重いや障害の症状にはかなり個人差があります。なんとなく、とっても辛い症状というイメージが有りますが、きちんとした対策や知識があれば、ちゃんと乗り越えられますので、安心して下さいね。

こちらでは更年期 とは なんぞや?閉経はいつ頃?またどのような仕組みで起こるのかなど、更年期対策の前に知っておきたい基礎知識を中心にご紹介していきます。

閉経についての知識

アラフィフ女性は何らかのカラダの変化を感じている方が多いそうです。更年期や閉経など気になるキーワード‥。
閉経期あたりの主な症状として挙げられるのが、イライラ、冷え、肩こり、動悸、めまい、頭痛、ほてり、発汗などです。

更年期障害は閉経を挟んで、前後約5年間、トータルで10年間続く方もいるといわれています。
閉経の平均年齢は約50歳。

女性ホルモンエストロゲンの分泌の低下がきっかけとなって、更年期障害はもたらされてしまうのですが、そもそもこの更年期症状って病気なのか。多くの不快な症状に悩まされているわけですがこれって病気なの?
詳しく解説していきますね。

閉経と更年期障害

更年期障害が起こる原因の一つとして挙げられるのが、卵巣機能の低下です。初潮を迎えて以降、女性の体内では女性ホルモンの分泌が活発に行われ、気力や体力ともに充実した時期を迎えます。

しかし40代に差し掛かったころから、女性ホルモンの分泌量が減少することで、体調や精神面に日常生活に支障をきたす不調が起きてしまいます。

女性ホルモンが減るのはなんで?

では、女性ホルモンの分泌の減少は、どうして起きてしまうのでしょうか?脳の視床下部から性腺刺激ホルモンが分泌されることで、卵巣に女性ホルモンの分泌が指示されます。性成熟期といわれている20代から30代の頃にかけては、脳からの指令に従って卵巣内で女性ホルモンが活発に分泌されます。

しかし加齢に伴って、体内の臓器では老化現象が始まってしまいます。体内の臓器の中でも、卵巣は比較的早期に老化現象が始まるといわれています。

卵巣自体の老化現象が始まってしまうと、脳からの指令に従って女性ホルモンを分泌すること自体が困難になってしまいます。卵巣が指令に従わなくなったことで、視床下部が混乱してしまうと体の大切な役割にも支障をきたしてしまいます。

その症状はめまい、のぼせ、多汗、頭痛などが挙げられます。

女性ホルモンの減少はアラフォー世代から‥

女性ホルモンの分泌の減少が始まる40代は卵巣内では閉経が始まる時期だともいわれています。卵巣の中では、卵子を含んだ卵胞という組織があります。
産まれたばかりの女性の卵巣の中には200万個度ほどの卵胞があり、加齢に伴い減少し続けていきます。

性成熟期の頃は卵巣内に20万から30万個の卵胞を持っていますが、40代頃から急激に減少をはじめ、やがて卵胞はなくなってしまいます。卵巣の中に卵胞がなくなることで、女性は閉経してしまいます。どのタイミングで、卵巣内の卵胞が完全に無くなってしまうのかという事に関しては、自覚症状ではわかりにくいといわれています。

婦人科などで閉経のめどとされているのは、「最終月経から1年たっても次の月経が来ない」ということなのだそうです。

日本人女性の平均寿命は世界一?

データによれば、日本女性が閉経を迎える平均年齢は49.47歳で閉経を迎える年齢のピークは50歳、そして完全に閉経してしまうのは59歳だといわれています。
「日本人女性の平均寿命は世界一」ということを聞いたことがあるかと思います。

2015年に発表された日本人女性の平均値の命数は86.83歳と、世界でも最高水準を保ち続けています。

更年期障害についての知識

長生きするということは、閉経年齢も前に示したデータよりも後に迎えるのではないか?と思われた方も多いことでしょう。残念ながら長寿であることと、女性ホルモン分泌の時期が延びるということに関しては、関連性はないようです。

閉経や卵巣機能低下に伴って、体内の女性ホルモンの量は減少してしまいます。食物やサプリメントを積極的に摂ることや、医療機関等でのホルモン療法などで補うことができます。こうすることで、ホルモン分泌に伴う更年期障害からの症状を軽減させることも可能なのです。

更年期障害の原因と心理的因子

脳内の視床下部からの指令に伴い卵巣で分泌がされるのですが、脳内の指令に呼応するかのように行われ続けてきたホルモン分泌が滞り気味になってしまうのです。卵巣が指令に従わないということで、脳内の視床下部は一種の混乱状態に陥ります。

ちょっと難しいかもしれませんが、視床下部は卵巣だけではなく、ほかの体の部分にも指令を送るとても大切な器官なのです。視床下部が混乱状態になると、卵巣に限らず、体の他の部分にも支障をきたしてしまう時もあるようです。

この結果、体調面に頭痛やのぼせ発汗や冷え、肩こりなどの不調が顕著に表れてきます。これが更年期障害が起こるメカニズムになります。

更年期障害は、卵巣機能の低下に伴った、ホルモンバランスが狂うことに生じる症状といったイメージが強いかと思います。しかし、これは更年期障害が起こる要因の一つなのです。

その情緒不安定が起こる原因とは?

更年期障害が起こる要因として挙げられるのは、ホルモンバランスの乱れから引き起こされる身体的因子の他にも、発生要因があることをご存知でしょうか?

女性ホルモンが起こる発生要因は身体的因子の他に、自身の周囲の環境の変化などによる社会、文化的因子、性格構造に基づく心理的因子の2つが挙げられます。更年期障害は、体調面に不調をきたすだけではなく、自身の心の内面にも大きく影響を及ぼします。

よく挙げられるのが、不安に苛まれる、イライラが収まらないなどといった心理状態です。これも脳内の視床下部が大きく関係しているのです。卵巣機能の低下により、減少してしまうことで、視床下部は混乱状態に陥ってしまいます。

視床下部は体調面だけではなく、怒りや不安といった情緒行動の中枢でもあります。

更年期障害の代表的な症状と対策

「体調が悪い」と感じた時には、市販の薬を服用したり、病院を受診したりといった適切な処置をとるものです。しかし、これらの症状が更年期障害が起因しているとなると、一時的に処置を行うことで症状は和らぐものの、受診や服薬を止めてしまうと、症状は再び起こってしまうということも考えられます。

更年期障害の代表的症状の一つといわれているのが、ホットフラッシュです。

ホットフラッシュとは

気温の高低にかかわらず、突然大量の汗が出てしまったり体が熱くなる症状です。汗が退くと通常の体調に戻りはします。しかし「人前で汗をかく」ということが、自分の周囲の人たちに対して、不快な思いをさせていないだろうかという、不安な気持ちが払拭できなくなってしまいます。

大量に汗が出てしまう原因は、自律神経の乱れです。自律神経の乱れと聞くと「自律神経失調症」という症状が思い浮かぶという方も多いかと思われます。このほかにも、甲状腺疾患、高血圧、心臓疾患が起因となっていることも考えられるのだそうです。

あまにも症状が重い時には‥

体調が悪い場合には、まず内科を受診することが多いです。内科の受診で症状が好転したり、適切な処置が行われた場合には、そのまま内科の受診を継続してもよいでしょう。

けれども、一向に悪い箇所が治まらない状態なら、更年期障害の確率を伴うので、婦人科で診察を受けた方がよいとのことです。婦人科で更年期障害だと診断された場合には、内服薬やパッチ薬などを使って、女性ホルモンを投与するホルモン補充療法(HRT)や漢方薬を処方してもらうといった処置を、施してもらうことができます。

イライラも更年期の症状の一つ!

「更年期になるとイライラしがちになる」ということもよく言われています。精神的にイライラするという症状も、更年期障害と自律神経失調症ともに起こる症状の一つです。イライラするという感情は、脳内の視床下部がパニックを起こすことで、自律神経のバランスが崩れるということに起因するといわれています。

男女差で比べると、自律神経失調症のような症状に陥りやすいのは、女性の方が男性の2倍にあたるといわれています。

これは女性が男性に比べて、細やかなことに気が付きやすいという理由が挙げられます。

更年期は病気なの?

そして、自律神経失調症とともに、更年期障害から起こるものという、二つの可能性が考えられるからというのも当てはまるのではないでしょうか?

さて、このような更年期障害ですが、すべての女性にいずれかの症状は出るものの、軽度で済むか重症化してしまうかということに関しては個人差が出てしまうものです。

体調不良に陥るので、「病気だと考えられるのかな‥?」とお考えの方もいらっしゃると思われます。
更年期障害は、女性ホルモンの安定性が失われるという過程の中での体調に起こる移り変わりの一つなので、一概に「病気という風には言い難い」という説もあります。

ホルモンバランスの変化を重くとらえず、「自分自身をリセットする期間」と捉えておくと良いと思います。前向きに生きていくことが、更年期障害にかかわる症状を軽めに抑えるためには、とても大切なことだそうです。

卵巣機能の低下について

更年期障害とは、閉経になるかならないかの日にちに差し掛かる年齢、45歳から、55歳の女性に出る症状の総称のことを指します。症状が重く出る原因としては、社会、文化的因子による環境の影響、性格の構造に基づく心理的因子そして、卵巣機能の低下の3つが挙げられます。

私達は当然誰でも年を取ります。そして誰でも女性は加齢に伴って、卵巣の機能が低下してしまいます。卵巣機能の低下は、女性ホルモン分泌の減少を引き起こしてしまいます。女性ホルモンには、卵胞期と呼ばれる時期に分泌が活気づいているエストロゲンと、黄体期に勢いづくプロゲステロンが存在します。

エストロゲンの分泌が活発な10代後半から30代の頃は、体調、気力ともにみなぎり、より女性らしくあり続けられるために、活き活きと活発に過ごすことができます。

よく聞く「性腺刺激ホルモン」て何?

女性ホルモンの分泌の命令は、脳から下されることになります。脳内の視床下部から、卵巣をショックを与えるために必要なホルモンの分泌を促進するホルモンが分泌されると考えられます。

このホルモンによって煽られた脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが生成されることで、卵巣では女性ホルモンが生みだされるのです。

【優しく解説】卵巣ホルモンとは?脳下垂体からでるホルモンとは?

この機能は若い頃には滞りなく分泌が行われるのですが、加齢によって卵巣の機能が低下すると、視床下部からの指令にこたえることが困難になります。視床下部は分泌を促すだけではなく、ほかのホルモン作用にも深くかかわっているうえに、呼吸や体の温度調節を司っています。
まさに自律神経の中枢を担っているわけです。

卵巣が指令に従わなくなった結果、視床下部はパニック状態に陥ってしまい体調面、精神面でのバランスが取れなくなってしまいます。この結果、頭痛や精神的な不調が起こってしまうというのが、更年期障害が起きてしまう仕組みです。

若いのに更年期障害ってあるの?

最近では、更年期にあたる年齢よりも、若い世代の方にこのような症状が起こることが、多くなったといわれています。

これは仕事や社会環境から受けるストレスや、過度なダイエット、喫煙が原因で卵巣の機能が一定期間だけダウンする「卵巣機能低下症(若年性更年期障害)」という名称で呼ばれています。

不快症状を改善する方法とは?

卵巣機能低下症の対策

卵巣機能低下症が原因の症状も、加齢による症状も、改善するためにはストレスの緩和が良い効果をもたらすとされています。やはりホルモンバランスを整えることが、とても大切です。

婦人科を受診して、ホルモンバランスを整える内服薬を処方してもらう方法や、大豆食品などエストロゲンが豊富に含まれた食物の摂取に心掛けるという方法もあります。薬に関しては、数種類の和漢生薬エキスが配合された丸薬や、煎じて飲むタイプの商品が市販されているので、症状に応じて利用してみるという方法もあります。

ご自身の症状に応じた最適な方法を見つけて、症状を緩和することがとても大切なことだといえます。

まとめ



オススメめぐり和漢サプリ

管理人
ストレスを溜めないことの重要性

心理的な不安を軽減させるために最適なのは、ストレスを溜めないことです。女性は、とても細やかな部分にも気が付きやすいです。それはとても良いことでもありますが、逆を言えばたくさんのことに気が付くことで、女性はちょっとしたことでもストレスを溜めやすくなりがちなのです。

些細なことでもイライラしやすくなりそうなときには、大きな声を出したり、ちょっとした運動をするといった、自分に最適なストレス発散法を何か一つ持っているだけでも、十分改善されます。

イライラは精神面だけではなく、腸内環境にも大きく影響を及ぼします。腸内環境が悪化すると、体内の毒素が溜まりやすくなり、便秘を引き起こす原因にもなります。

また更年期障害に伴うメンタルケア、不安の軽減にも婦人科の受診が良いといわれています。婦人科ではたくさんの心理検査の結果に基づき、心理的症状が更年期が起因のものなのかという診断がなされているそうです。

心理検査の一つには、最近テレビ番組でも話題になった、YG性格検査なども採用されているそうです。病院で行われる性格検査ということで緊張してしまいがちですが、テレビ等でも紹介されている検査が採用されていると聞くと、緊張も緩和した状態で受診に臨むことができますね。

サプリメントや環境改善と合わせて、足を運んでみるのも良いでしょう。

オススメこちらもチェックしてくださいね✨

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事