• HOME
  • TOP
  • 美肌対策
  • 女性ホルモンリズムとは?エストロゲンやプロゲステロンって?食べ物で増やそう!

女性ホルモンリズムとは?エストロゲンやプロゲステロンって?食べ物で増やそう!

美肌対策

ホルモンと身体のリズム‥非常に密接に結びついていて、ホルモンのリズムによって体調やメンタルまたひいては体臭やお肌の調子にまで影響しています。ホルモンとは成長ホルモンや男性ホルモンなど、様々なものがあります。どれも私達にとって大切な働きをしています。

また女性の身体には生理や、更年期症状など特有のリズムがありますよね。特に女性ホルモンには意識が向いている方も多いのではないでしょうか?

美容ホルモンとも呼ばれ、美肌やバストアップにも大きな影響を与えています。このホルモンのリズムにうまく乗って、女性としての機能を果たしているのですよ。

女性ホルモンの仕組みや、体のリズムはどのようにつながっているのでしょうか?オリモノや生理の匂い、加齢臭、肌荒れが気になる女性は、ぜひチェックしておきましょう。女性ホルモンの働きは、私達にとってかけがえのない大切なものです。この女性ホルモンのメカニズムとは、一体どうなっているのでしょうか?

知っているようで知らない、女性ホルモンバランスの仕組みや増やし方についてまとめました。ご紹介いたしますね。

女性ホルモンとは?リズムって?

女性ホルモンは私たち女性にとって大切な働きをしてくれるものです。妊娠した時に、受精卵が子宮に運ばれ着床しやすくするために子宮内膜を厚くする働きをしています。
女性らしい体つきを手に入れるためにも必要なホルモンです。胸を大きくしたり、ツヤのあるお肌を作ったりするのにも欠かせないホルモンになります。

私たち女性にとって、大切な女性ホルモンは、カラダにもココロにも影響を及ぼすものです。生理や妊娠に時はもちろん、それにまつわる体の不調や、心の不調まで深い関わりを持っていると言われています。

ホルモンの働きや仕組みを理解していることで、不調な場合の対処法も分かってきますので、ぜひ知っておくことをおススメします。

そもそも女性ホルモンには2つあります。卵胞ホルモン エストロゲンと黄体ホルモンと言われるプロゲステロンです。

この2つを分泌しているのは卵巣で、卵巣に指令を出しているのが脳になります。その司令塔が脳下垂体です。刺激を受けた脳下垂体から卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンという2種類の性腺刺激ホルモンが分泌される仕組みになっています。

そして卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌される仕組みです。この中でもエストロゲンの働きについてご紹介しますね。

2つのホルモンの働き

女性ホルモンには2つの働きがあります。それがプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンとエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。どちらも卵巣から分泌されてお

り、役割はそれぞれ違います。

これら2つのホルモンは、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されることで刺激が起こり、2つの女性ホルモンが分泌される仕組みです。

しかし、ホルモンの分泌が多すぎると、分泌を制御するという仕組みになっています。ホルモン量がちょうどよくなるようにできているのです。生理不順や生理がこないなどの場合は、ホルモンバランスに異常があると言われています。気になるおりもの臭いや、トラブル、お肌の状態にまで影響しているのです。

エストロゲンホルモンとは?

美のホルモンとも呼ばれているこのエストロゲンホルモンの働きはどのようなものなのでしょうか。

女性らしいボディーを作るエストロゲン!
美しいおっぱいやお肌に影響を与えるホルモン、エストロゲン作用。

また生理周期の前半の時期を、安定させる役割を持っています。女性らしい体つきを作ってくれたり、卵胞の成熟を促してくれたり、骨の形成を促し、血管収縮を抑制してくれたりなど、様々な働きをしてくれます。生理の終わりから排卵日までに多く分泌されており、更年期が始まって月経の機能が完全に止まってしまうと、エストロゲンの分泌が終了してしまいます。

そうなると更年期障害の症状に見舞われてしまう可能性があります。
女性の美しさの原点には生殖機能が健全に働いていることがとても大切になります。これが女性らしい体の曲線を作ってくれるのです。エストロゲンは数あるホルモンの中でも、最も女性らしさを醸し出してくれる役割を持っています。

ですので、香りやサプリメントなどで、積極的に活性化していくようにしましょう。

プロゲステロンホルモンとは?

近年では女性ホルモンという言葉を聞かない日がないくらい女性にとって大切なものになっていますよね。その中でもプロゲステロンは妊娠に大きく働き、妊活している人にとって馴染み深い言葉ではないでしょうか。今回はこのプロゲステロンの大切さや働きはどのようなものなのでしょうか。

妊娠のホルモン プロゲステロン!
プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵直後から卵巣で作られます。イライラや体調が優れなかったり、むくみやすかったり‥。このホルモンが優勢は時は、女性にはマイナスなこともありますが、女性の妊娠・出産のための大切な働きをしてくれます。

排卵する時には、成熟した卵子が卵胞からとびだしてきます。そして排卵後に卵巣に残された卵胞が黄体化し、プロゲステロンが分泌されるというわけなんです。黄体ホルモンは排卵から2週間前後存在しています。ですので、次の生理が始まる時期までは分泌量が増え、体温を上げてくれる作用に影響しています。

女性の身体が妊娠しやすいように子宮内の環境を整えてくれる働きがあるホルモンで、妊娠を継続的にしていくためにはとっても大切な女性ホルモンです。主な働きとしては、基礎体温を上げてくれたり、子宮内膜を維持してくれたり、乳腺を発達させてくれたりという働きがあります。

ホルモンバランスの乱れとは?

よくホルモンバランスが乱れているという言葉を聞いたことがあると思います。これは正常に分泌されていないことを言います。しかしこれは、視床下部や脳下垂体、卵巣というホルモン分泌に関わる、この2つの器官のうち、どの働きがうまくいっていないのか調べる必要があります。
女性ホルモンにはプロゲステロンだけではなく、有名なエストロゲンもそうです。

卵巣の働きが衰えてきて、女性ホルモンの分泌量が減ってくると、視床下部が一生懸命に指令を出して、ホルモンを分泌させようとします。そうなると体がパニックに陥ってしまい、自律神経が乱れて頭痛やめまい、イライラなどが起こりやすい状態になると言われています。

脳がストレスを感じてしまうと体に悪影響を与えかねませんので、規則正しい生活をしてバランスを保つことが必要です。ストレスは何よりホルモンにとって良くありません。なかなか難しいことだとは思いますが、なるべくストレスをためないような生活を心がけましょう。

ホルモンがバランスを保っていることが一番大切!

この2つは月経周期の一定リズムで、分泌量が大きく変化します。この変化に合わせて体も心も状態が大きく変わってくると言われています。

エストロゲンの分泌量が多い時期は体も心も絶好調ですが、プロゲステロンの分泌量が多いときは体と心は絶不調になります・・。しかしそれは問題ではなく、この2つのホルモンがバランスを保っていることが一番大切ですので、バランスを崩さないようにすることが先決です。

女性ホルモンの変化リズムは基礎体温をつけることで分かります。基礎体温には、女性が健康で暮らしていけるための情報がいっぱいつまっていますので、妊娠には関係なく毎日測ることをおススメします。

月経周期やホルモンリズムとは?

女性には、男性にはない特有の生理があります。これは女性にとって憂鬱な場合もありますが妊娠していくために、女性らしくあるために大切なものです。

この生理周期を理解しておくことで、より楽しく心身ともに充実した生活を送ることができます。

月経周期について

排卵すると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌は、25日~38日の周期で変動して、月経を引き起こすと言われています。この状態によって基礎体温も上がったり下がったりするのはご存知ですよね。月経周期はホルモンによって調節されています。

下垂体から分泌される黄体形成ホルモンは、排卵を促進させるだけではなく、卵巣を刺激してエストロゲンとプロゲステロンの分泌を促してくれます。この2つの女性ホルモンは、子宮や乳房を刺激して、受精を可能にする準備を整えてくれると言われています。
月経周期は卵胞期・排卵期・黄体期、に分けられます。

卵胞期

脳の視床下部から卵巣を刺激するホルモンを出しなさいと指令を受け、ホルモンを分泌する期間です。

卵胞が成熟する過程でエストロゲンが分泌され、受精卵を受け入れる準備をしてくれる期間になっています。例えば生理周期が28日の場合、月経がはじまってから排卵するまでの14日間。この時期の基礎体温は比較的低体温が続く時期でもあります。

排卵期

この時期にはエストロゲンが十分分泌されます。

これが刺激となり、下垂体から排卵を促すホルモンが分泌されます。成熟した卵胞が破れ、中から卵子が排出され排卵を迎えます。ホルモンバランスによって、オリモノ 臭いや量が増えたりするのも、この時期が多いです。ジャムウ 石鹸でお手入れしていきましょう。

黄体期
卵子が排出されると、排卵後の卵胞は黄体に変化していきます。

そして黄体ホルモンが分泌されます。このホルモンはエストロゲンによって厚くなった子宮内膜に作用して、受精卵が着床しやすいように働いてくれます。基礎体温も上昇する時期です。

月経

そして生理を迎えます。妊娠しないと2つのホルモンレベルは激減し、生理を迎えます。

この時期は、月経痛や頭痛、胃の痛みなどの症状が出る人も多く、気分的にもブルーになりやすい時期ですよね。

この4つの周期を繰り返しているのですが、各周期の働きをよく理解しておくことで、より健康な生活を送ることができます。

ぜひ参考にして、大切な自分の体の調子と向い合ってみてくださいね。

女性の体や生理について

女性の体のリズムを作っているの、エストロゲンとプロゲステロンです。
この2つの女性ホルモンが一定のリズムを保って多くなったり少なくなったりします。規則正しいリズムで働いているのですが、ココロやカラダに何かトラブルが起こった場合は大切なリズムが少しずつ乱れてしまうと言われています。

生理の時の女性のカラダの状態とは?

生理は、妊娠をしなかった場合に、子宮内膜が剥がれおちて血液とともに排出され、次の妊娠に備える大変重要な期間です。生理前から生理中にかけては2つの女性ホルモンの変動が集中して起こる時期でもあります。

それに伴って、ココロやカラダの変化も起こってくると言われています。人によって個人差はありますが、この時期に何かしらの異変を感じたことのある女性は多いはずです。視床下部には自律神経があり、ホルモンの変動が激しいこのような時期には頭痛やめまい、のぼせや吐き気などの全身への症状も現れてきます。

女性ホルモンのリズムを味方につけよう!

女性ホルモンによる体のホルモンリズムが分かると、いつごろ絶不調期が来るのか、また絶頂期が来るのかを知ることができます。事前に不調を緩和するなどの対策を講じることができますのでゆとりを持つことができますね。この不調を見抜くには基礎体温をつけることが重要だと言われています。

基礎体温は単に妊娠を目的としたものだけではなく、女性が健康で生き生きと過ごしていくためにとっても大切なものなんです。基礎体温を測って規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスの乱れを予防・改善していけるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れを放置してしまうと、深刻な事態を招きかねません。無理なくできそうなことからぜひ始めてみてください。

たとえば身体の為に摂りたい成分や、栄養素はあるのでしょうか?
女性ホルモンバランスを整えたり、美容にも効果的な人気の成分をひとつご紹介いたします。

女性ホルモンを整える食べ物とは?

食事によって女性ホルモンを整えたりアップし、美肌や体調に良い影響がある成分や食材はあるのでしょうか?

女性の美に欠かせない、女性ホルモンをアップできる美肌成分があると言うのは、巷ではもう周知の事実でしょう。アンチエイジングや、美肌ケアに上手に摂り入れたいものです。

女性に嬉しいザクロの効果とは?

まずはザクロ。よく美容効果が高いフルーツとしても紹介されています。フルーツサラダやオシャレなドレッシング等のお料理でも使用されますよね。食べたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

食べたことがない方はもったいないかも?そしてこのザクロの有効成分を抽出した、ザクロ花エキスにも、女性にうれしい効果がたくさんあるそうなんです。美意識の高い女性たちから人気を集める理由をご紹介いたしますね!

ザクロといえば、美容雑誌やおしゃれなフルーツ屋さんなどで目にすることが多いフルーツです。食べたことがある方もいらっしゃいますよね?私はまだそのまま食したことはないのですが、このザクロの実や花のエキスに、女性にうれしい効果がたくさんある注目のフルーツです。ジャムウや美容サプリメントにもよく配合されていますよね。

ザクロとは?その味や成分とは?

ザクロは爽やかな酸味と甘み両方が楽しめる果物です。女性の果実と呼ばれているほどなんですよ。健康や美容に効果があると言われています。例えば、カクテルに使用するグレナデンシロップを知っていますか?これもザクロからできているんです。

ザクロという名前は、中国が由来だと言われています。この果物の赤い皮にはルビーのようなブツブツがたくさんあります。このブツブツは種だと言う人もいますが、これは果肉なんです。この果物には、ビタミンCやカリウム、カルシウムやマグネシウム、ミネラル類などたくさんの栄養素が含まれています。

最近特にザクロが注目されているのは、女性ホルモンの働きがあると言われるようになってからです。タンニン、アントシアニン、プニカラジン、エラグ酸、レスベラトールなどのポリフェノールの含まれている量が素晴らしいと言われているんですよ!

ザクロの効果が女性に人気の理由

アントシアニンは目に良いとされていますが、抗酸化作用の働きがあるため、アンチエイジングの効果があります。体内のたくさん発生しすぎた活性酸素を除去し、健康維持や老化防止に努めてくれます。また、ザクロはダイエットのお手伝いもしてくれます。余分な水分を体外に排出し、むくみ予防にもつながると言われています。

そして最初に挙げた女性ホルモンの働きです。エストロゲンが含まれており、更年期障害の改善やバストアップ方法にも効果があると言われています。

ザクロにはエストロゲンはありませんが、エストロゲンと同じ働きをするエストロンという成分が確認されています。こんなに女性にとって素晴らしい効果があるなんて、うれしいですよね。しかもザクロは身近にあるフルーツですから、いつでも摂取することができます。この機会に美容、美肌に悩んでいる人はザクロの効果に注目してみても良いかもしれませんね

ダイズ種子の効果とは?

イソフラボンといえば、女性ホルモンアップの代名詞のような成分。大豆製品に豊富に含まれていますよね。また、ダイズ種子エキス配合の化粧品も増えてきています。このエキスは、名前はあまり知られていないかもしれませんね。この成分がいったいどのような働きをして

くれるのかご紹介いたしますね。

ダイズ種子って何?

ダイズ種子はマメ科の一年草です。この中でも未成熟のものは枝豆です。世界中で広く栽培されている農作物で、とっても豊富なたんぱく質があります。牛乳、卵などと同じくらい良質なたんぱく質がダイズ種子には含まれています。

ほかにもサポニンという成分が含まれています。お肉に匹敵するほどのたんぱく質を持っており、ミラクルフードと呼ばれているほどです。

ダイズ種子に含まれる有効成分とは?

非常にたくさんの成分が含まれていますが先にあげたたんぱく質はもちろん、イソフラボン、糖類、サポニンなどです。
このダイズ種子の有効成分をギュッと抽出したのがダイズ種子エキスと呼ばれるもの。化粧品をはじめとした美容製品の配合成分として使われます。

イソフラボンには、美肌に欠かせないコラーゲンの生成や、潤いの元ヒアルロン酸を、活性化すると言われており、お肌に潤いやハリを与えてくれます。美白の効果も抜群と言われています。
数ある化粧品の中でも特に女性ホルモンを整え、アンチエイジングに効果のある化粧品に、主に使われています。

また、ダイズエキスには優れた保湿効果があります。お肌のキメを整えてきれいなお肌の状態を保ってくれるのです。お肌を白く透明感を保つためには、過剰なメラニンの生成は大敵。そのものを抑える成分を取りいれる必要があります。

そして、表皮のターンオーバーを円滑にして、メラニンを皮膚外へ排出してくれる成分も取りいれなければいけません。お使いの化粧品やサプリにザクロエキスやダイズ種子エキスがが含まれているか、成分チェックしてみても良いのでしょうか。
女性ホルモンを整える美容成分を上手に活用しましょう。そして、いつまでも若々しくきれいなお肌を保ちたいですね。

ー あなたにおすすめの記事 ー

関連記事一覧

ABOUT

毎日を今よりちょっと素敵に過ごすための情報をお届け。
コスメとメイクと友達‥そして猫とコンバースをこよなく愛しています。

カテゴリー

最新記事